2009年10月31日

名前美人

女の子の名前に関して書いたことがありまして、その続編じゃないけど、美人ぽい印象を与える名前について考えてみます。

娘が生まれたら、ほとんどの親は、その子が美しく健やかに成長して幸せになることを望むでしょう。とりわけ女の子は美しさが重大要件。
命名に当たって、少しでも美しい名前をつけたいのが親心です。結果的に、なんかものすごい名前になったりすることもあるようですが。

私と同世代の女性には、やはり「美」のつく名前が多いように感じます。「美子」さんや「美智子」さんなど。
「美」+「恵」も美に恵まれるようにという願いが込められているようです。
「美子」さんや「恵美」さん「多美」さんがさほど美しくなかったとしても、名前負けしてるなどとバカにする人はいません。あまりに数が多いんだもの。

今でも「美」や「恵」は人気の漢字に入ると思います。

「綺羅良」ちゃん、「輝美麗」ちゃん、「うるわし」ちゃんに「うつくし」ちゃん・・・いかにも美人になりそうな名前じゃありませんか。そのものズバリ「美女」さんもいるようです。
でも華々しすぎる名前や浮いた名前って、当人にとっては心理的負担にならないかと気がかりです。

さりげなくて深い意味があって、一見平凡だけどあまり見かけない・・・そんな名前が理想なんですけどね。

「水晶」「真珠」「瑠璃」など鉱石に関する名詞もわりと好まれるようですね。いつまでも変わらぬ輝きを願ってのことでしょうか。「翡翠」は使えましたっけ?
宝石といえば最高はダイアモンドです。これの和名は金剛石・・・うーむ、ちょっとね。

そういえば、知り合いに「人美」さんという人がいました。美人のひっくり返しだから不美人じゃんか。なんてやっかみは無視しまして、その人美さんは、私が出会った中で最も美しい女性のひとりです。
きっとご両親は、生れ落ちたわが子を一目見て、絶対に美人になると確信したに違いありません。

すてきな名前をつけただけで美人に育つと期待するのは無理ですが、美しい名前を書き、美しい響きの名前で呼ばれ続けることが美意識を磨く助けになることはありうると思いませんか? 名前は生涯の伴侶ですから。
投稿 ルノ at 23:37 | コメント(0) | TB(0) | 美人論
2009年10月30日

姿勢正して

最近よく耳にするのが、からだの歪みが万病の元、みたいな説。
骨盤の歪みを取ってダイエットなんて本もじゃかじゃか売れているとか。そんなに簡単にいくのなら、これほど多くの人々が肥満や病気に悩むはずはないでしょうに。

確かに人間の体は外見上左右対称ですから、歪みが体にいいとは思えません。
そして日常行っている何気ないしぐさや姿勢が体を歪めているのは事実のようです。

私は椅子に座るとすぐに脚を組みます。あ、いけない。と、戻すのだけど、ふと気がつけば、また組んでいる。左脚をのせることが多いようです。
脚を組まずにいられない人も骨盤が歪んでいるそうですねえ。

パソコンに向かっていると、つい頬杖をついてしまいます。こうやってキーボードを打っている間はよいのですが、マウスだけを動かしていると、空いた右手がヒマなんでしょうね。だから頬杖はいつも右側。これで背骨も曲がりそう。

リュックサックをしょって歩いていると、なぜかいつも右の肩紐がずり落ち気味になるのです。肩の高さが左右非対称なのは、頬杖のせいかも。

こういった些細なことの積み重ねで、体はどんどん歪み、その歪みが定着していくのです。
すでに習慣となってしまったことばっかりですから、常に意識して改善するように心がけないと矯正できません。その「常に意識する」ことが難しいんです。

意識できないときもまた問題です。
つまり睡眠中。
あおむけに寝ることが大切だと聞いたことがありますが、けっこう多くの人が横向きのほうが寝やすいと感じているのではないでしょうか。
私も、寝るときはあおむけだったのに、目覚めたら横を向いていることがよくあります。
右を下にして長年眠っていると、顔は右側にたるむものです。しわ防止にもあおむけ寝が一番。

どんなに悲しいことがあったって、枕に顔をうずめて眠っちゃいけません。枕のしわが顔にうつりますぞ。

骨盤を正すには腰回しがいいと言われていますね。
とある本によれば、立って回すよりも、椅子に直角に腰掛けて回すほうが効果があるのだとか。
私も立ったり座ったりしているときに、思い出したら回してみたりします。習慣づいていないので、なんら実感は得ていませんが、まあ、ボチボチ気長にやってみる予定です。

また、背骨を伸ばすには、昔流行った『ぶらさがり健康法』が効くそうです。今ではどの家にもぶらさがり台など残っていないでしょうけど、テーブルの上に上半身をうつぶせにして足を浮かせるだけでも背中はまっすぐになるのだとか。一時的な効果ですから、日に何度かリフレッシュのために、背伸びと組み合わせて行うのもいいでしょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。