2009年09月29日

腹筋初心者

腹筋を鍛えようと思い立ったのは、私に必要なのは体重減少ではなく体型の引き締めだと、改めて強く認識したからです。
とりわけおなかのあたりは柔らかくてたるみが目立つし、そういう部分は鍛えれば効果が出るのも早いと聞きました。

腹筋なんてずいぶん長い間ご無沙汰しています。何年、いや何十年・・・かも。
このごろ知ったのですが、腹筋運動をするときには膝を曲げるんですね。
私が子どものころは、足はまっすぐ伸ばさなきゃダメだと習ったような気がしますが、それは医学的見地からよろしくないらしいのです。
昔のやり方を続けてきた人々に何か問題が起きたとか聞いたことはないけど、まあ、とりあえず、現代方式でやりましょう。

床に仰向けに寝て、膝を曲げ、両手を頭の後ろで組んで、はい、スタート。
と、ところが・・・腹筋があまりに弱っていたせいか、おなかに力が入らず、全然起き上がれません。情けないったら。

やむを得ず、手を太ももにのせて行うことにしました。これならどうにか、ひょいっと起き上がれます。
と、ところが・・・これも続けて3回まででもうダウン。4回目からは体をひねったり、手を脚にひっかけないと無理。全くあわれな。

しばらく休憩したらまた起き上がれるようになりますが、それも2、3回がやっと。ずいぶんなまっているんですねえ。

しかたなく、続きはシットアップ体操に切り替えました。
これはウエストを細くする美容体操として、古い本に載っていました。床にL字型に座り(膝を少し曲げたほうがいいと思います)、後頭部に両手を当ててゆっくりと上体を後ろに倒します。倒す角度はごくわずか。倒した状態を数秒間維持して、またゆっくりと戻します。
腹筋よりはずっと楽ですが、おなかの肉が震えるような感じで、けっこう力が必要です。また、太ももの前側にも力が入るみたいだから、脚やせにも多少効果がありそう。

結局腹筋6回+シットアップ8回程度でおしまい。
初心者だから致し方ない。最初からハードルを高くすると挫折は明らかです。毎日やってれば上達するだろうと望みをかけます。

そうやって些細な腹筋運動を数日続けました。そしたら初日3回しかできなかったのが、翌々週には連続8回くらいはいけるようになりました。とはいえ、手を太ももにのせて行う簡易バージョンだから、ちっとも自慢になりません。
ただし起き上がるスピードはかなりゆっくりです。弾みをつけてパッパとやるのならもう少しできそうですが、遅いほうが筋力アップになるらしいと聞きましたから。

2週間経って成果はといえば・・・うーむ、ちょっとおなかが固くなったような気もするけど、気のせいかもしれないし・・・といった程度。このペースで腹割れなんてぜーったい無理です。
でも焦ってはいけません。毎日少しずつ続けることに意義があるんですよ。
投稿 ルノ at 22:53 | コメント(0) | TB(0) | エクササイズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129141522
※宣伝トラックバックは歓迎されません。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。