2010年03月26日

まつげ美人vs.鼻毛美人

濃い長いまつげはとってもチャーミング。
もともと長い人でも、マスカラを塗ってさらに長く見せようとするし、やや貧弱ならば、つけまつげやまつげエクステンションで補うこともあります。まつげ植毛もあるそうですね。

まつげは目の装飾品ではなく、目にゴミが入るのを防ぐ役割を担います。その意味でも、まつげは長ければ長いほど優秀というわけです。

一方、鼻毛。
先だって、鼻呼吸の大切さを述べました。空気は鼻を通ることで清浄化されます。そのフィルタが鼻毛です。体に侵入するゴミや細菌をブロックしています。
だから鼻毛は長くて濃いほうが優秀。

ああ、それなのに・・・。
顔にあるもののうち、みっともないと嫌われるナンバーワンが鼻毛。長ければ長いほど厄介者です。
この差はいったい何? かわいそうな鼻毛さん。

鼻毛はバカボンのパパ専用ではありません。どんな美人にだって鼻毛はあります。必要なのです。

しかし女性の鼻から鼻毛がはみ出していたらタイヘンです。美意識の観点からは、そんなもの存在してはならない、ことになってます。
メークの前にはしっかりチェックして、ちょっとでも余分な毛はすぐさまカット。

鼻毛を抜いてはいけないと言われますよね。
しつこいようですが、鼻毛は吸気のフィルタ。こしとられたカビやホコリ、細菌などがたんと付着しています。不用意に抜くと、毛穴からそれらがどっと侵入するのです。

まあつまり、鼻の穴はとっても汚い場所。MRSAの検査なども鼻の穴の粘膜で行いますし。
頻繁に触ることはつつしみ、もし触れたら、しっかり手を洗うように習慣づけましょう。鼻をかんだあとも同様です。薄い紙を通して何やらが指につく可能性は大いにありますから。

大気汚染のひどい地域に引っ越したら鼻毛の伸び方が速くなった、なんて話をよく聞きます。でもまつげが長くなったケースはほぼ皆無です。
体は自分自身を守る道具として、まつげよりも鼻毛を重視していると思われます。
普段から鼻毛への感謝の気持ちを持っていれば、美しいものに見えてくることだってありえましょう(まさか)。

ずっと以前のこと。
街を歩いていたら、なんとなく右の鼻の穴の縁がムズムズするのです。タンポポの綿毛でも飛んできたのかしらと、鼻息をすんすんして吹き飛ばそうとしたけど、全然効果なし。
道ばたに停めてあったバイクのミラーをのぞいたら・・・なんと! これまでに見たことのないような太い鼻毛がはみ出しかけていました。

キャー、どうしよう。焦ったけど、抜くわけにはいかないし、手も洗えない場所で触りたくもない。
うつむき加減で帰宅し、鏡でじっくり眺めたら、かなり奥のほうから生えていました。先っちょを引っ張って、根元近くからはさみで切りました。
その太さと長さたるや、通常の鼻毛の3倍以上はあったと思います。実に見事な鼻毛でした(威張っとるんか?)。突然変異的に発生したんでしょうねえ。

抜いてはいないからその後も成長を続け、数か月ごとに切るはめになっています。痛い思いをして抜いたって、どうせまた生えるでしょうし・・・。

そんなわけで、鼻毛の長いほうが美人だという新たな認識を一般に広めたいというむなしい奮闘の一環として、この恥さらし体験を書きました。ワハハ。
投稿 ルノ at 09:22 | コメント(4) | TB(0) | 美人論
この記事へのコメント
ほんとにいったい誰の取り決めでこうなっているのでしょうね。
つけ鼻毛などは流行れば病気も減るかもしれませんね。
時代によっては可能性があるかもしれませんね。
そうなったら、今のつけ睫毛を笑うかもね。
Posted by どりーみー at 2010年03月26日 15:12
こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
「つけ鼻毛」って、あったら面白いでしょうね。ラメなんか飾ったりして。吸い込むおそれがあってヤバいかな。

ところで、どりーみーさんのブログにお邪魔しましたら、なつかしいお名前を見かけました。どりーみーさんをはじめとして、皆さんバリバリ活躍していらっしゃるんですね。私はうちにこもって鬱々してますが、もっとしゃんとしなきゃと思ったしだいです。
Posted by ルノ at 2010年03月28日 10:27
「アンチエイジング」管理人と申します。相互リンク(リンク集)をお願い致したく、連絡させて頂きました。なお手違いにより、重複して依頼している場合にはお許し下さい。当方は次の通りです。
(URL)http://www.anchieijingu.info/
(名称)アンチエイジング・若返り
(内容)アンチエイジング情報を紹介しています。
(タグ)<a href="http://www.anchieijingu.info/" target="_blank">アンチエイジング</a>
*タグはサイト内のカテゴリー「相互リンク・連絡」にも用意しております。なおタグの「若返り」を省略してもOK。
なお貴方は下記にてリンク済です。
http://www.anchieijingu.info/2010/02/445.html
Posted by 「アンチエイジング」管理人 at 2010年03月30日 12:41
こんにちは。
こんな弱小ブログにもかかわらず、相互リンクのお誘いをいただきましてありがとうございます。
しかしながら、基本方針として、相互リンクはいたしておりません。これはどなたにも申し上げていることですので、ご了承くださいませ。
お手数ですが、リンクを外していただければ幸いです。
Posted by 管理人ルノ at 2010年03月31日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144672042
※宣伝トラックバックは歓迎されません。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。