2007年01月14日

納豆人生

おととい母から電話がありました。話のついでに、このごろは納豆を日に2個食べている、と。2粒じゃなくて、2パック。
「いくら納豆が体にいいからって、そりゃ食べ過ぎでしょ。またみのもんたに煽られたな」
「いいや、今度はおもいッきりじゃなくて、あるあるだよ」
「どっちにしろ、テレビに振り回されるのは情けないんだってば」

翌日新聞を開くと、スーパーで納豆の棚が空っぽになったという記事が・・・。

日本人のTV依存と右へならえ精神は、頭が空っぽの証です。

その数日前、『えっヘン(藤田紘一郎/講談社)』という本を読んだばかりでした。著者はカイチュウ博士で通っている異端の医学者。歯切れのいい論断と駄洒落のオンパで、現代日本人のヘンな健康意識やヘンな価値観を斬っていくのであります。歯が切れるあまりやや決めつけ過ぎる嫌いはあるけど、うなずける部分が随所に見出せます。
その中にもありました。偏った情報に踊らされ、偏った食物を追いかけるフード・ファディズムへの批判が(faddismは流行を追うこと)。結局『粗食の過食で逆太り』になるそうです。
バナナがいいと言われればそれを食べ、チョコレートが効くと聞けばそれを食べ、りんごで長生きなんて情報が入ればそれを食べ・・・ご飯を食べようとしたらすでに腹いっぱい。

買い漁られ品切れになった食品は、値上がりや品質低下のおそれがあります。商機到来とばかりに増産体制を整えた工場は、ブームの終焉とともに倒産の憂き目に遭ったり。テレビとは罪作りなものです。

納豆に罪はありません。

でも食事は1日にわずか3回なのです。そのうち2回を納豆に占領されて平気ですか?
人生は短いんだから、もっといろんなものを食べたいに決まってます。もちろんいろんなものプラス納豆という選択もあるけど、わざわざ胃を広げて過食癖をつけるメリットがどこにある。
納豆が好きで好きでたまらない人ならともかく(そんな人はすでにたくさん食べて効果を実証しているはずだが)、そうでない人が無理に納豆を食べるのはかなりのストレスです。なんたってこれほど個性の強い食品も珍しい。

テレビで『○○がいい』という話を聞いても、脱兎のごとくダッとスーパーに走るのでなく、とりあえずは冷蔵庫にあるものをおいしく食べて、しかる後にゆっくり考えましょう。良いと言われるものをすぐに食べなくても死にはしません。
効果があるか薄いかは、乗せられていち早く実践した人々が示してくれるでしょう。それを見極めてからでも遅くはないのです。
投稿 ルノ at 15:44 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年01月22日

納豆を食べよう

あらあら。『納豆でダイエット』はガセでしたか。
事態が急展開すぎて、スーパーやメーカーには残念な結果となりましたね。せめて数週間は儲けさせてほしかった・・・が本音かな。

冷蔵庫にぎっしり詰まった納豆の処置を考え、ほぞを噛んだ消費者もたくさんいることでしょう。
「納豆を食べれば痩せる」という思い込み(精神力)によってすでに痩せた人だっているかもしれません。

せんだって納豆人生にて警鐘を鳴らしてはみましたが、もちろん悪いのは納豆ではなくテレビ局です。無批判に信じる視聴者にも責任の一端はありましょう。

後先考えず納豆を買い集めた人々がこれで賢くなったかどうかは訝しいものの、いつもより少し余分に納豆を食べたからって、別に損なことではありません。以前は食わず嫌いだったのに今回納豆の味を見直したなんて人は、儲けものだと思いましょう。

話題になろうが無視されようが、納豆の成分は同じです。
美容と健康の源である大豆を納豆菌で醗酵させて付加価値をつけ、栄養価を高めたものですから、医師に納豆を禁じられている人以外はどんどん食べたほうがよろしいのです。
どんどん? 週に3パックくらいでしょうか。毎日だと飽きますよね。

大豆食品を摂り過ぎると体に悪いという説があります。
イソフラボンは性ホルモンバランスに影響したり血栓を作ったりし、プリン体は尿酸値を上げて痛風のもとになると。
しかしそれらの成分が過剰になるほど大豆ばかり食べるのは無理でしょう。高濃度イソフラボン健康食品や錠剤は問題かもしれませんが、天然の食品ならば神経質になるには及びません。
また痛風になりやすい酒好きの美食家は、大豆みたいなまずいものはあまり食べませんね。減らすべきは酒と肉です。

せっかく納豆という日本古来の優良食品に目が向いたのだから、健康的な食べ方を研究してはいかがでしょうか。
投稿 ルノ at 22:26 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年02月05日

玄米依存症

私が玄米食を実施していることは、霰粒腫の記事などで書いております。今では白米を食べるのはお呼ばれのときだけです。

玄米食が美容や健康にいいかどうか、賛否両論あるようです。胃腸の弱い人、虫歯や歯周病持ち、妊婦、幼児、お年寄りには向かないでしょうね。
あの味と香りが苦痛ぅ〜な人々も無理に食べると毒ですぞ。

実際に玄米を食べた感想・・・
まず、決してまずくない。香りもなかなか。色のせいか香ばしいような気もします。
思ったほど固くない。今の炊飯器は上手に炊いてくれるので、時間はかかるとしても手間は不要です。
食べるときはよく噛んだほうがよろしい。最初はお茶碗に軽く一杯食べるのにも、最後の一口はすっかり冷めていました。
何よりも健康的。

1度玄米を食べると、続けずにいられないような体調になっちゃうのです。
どんな体調なのさ。それって依存症?

私は胃腸が丈夫で、便秘や下痢などの経験がほとんどありません。もともと快調な上に、玄米にすると質が良くて量が多くなり、超快調というか腸快調というか。体の中まですっきりキレイになったような気分です。白米に戻しても別に弊害はないけど、翌朝は量的になんとなく不満なのです。
そういうわけで便秘気味の人にはお勧めです。

玄米を食べると痩せるの?
そういう短絡的な質問は必ず来るのですが、期待するなと答えたい。「何かを食べて痩せる」ことは「何かを食べないで痩せる」よりも困難です。毒でもない限り、「食べて痩せる」という虫のいい話は疑ってかかるべきです。
私は玄米を食べて痩せましたが、玄米だけの成果ではないと理解しています。

玄米には精白米では取り除かれた食物繊維や各種ビタミンが残っています。
繊維質のせいで消化が悪く、効率的に吸収されるわけではないのですが、糖質のかたまりである白米よりはずっと栄養のバランスがよく、その分おかずの種類も少なくて済みます。一汁一菜でじゅうぶん。時間がないときはふりかけと漬物で済ませたり・・・。(^^ゞ

玄米を食べていると、おのずと健康意識が高まり、玄米に合った献立を考慮するようになります。
スーパーのお惣菜売り場で買ったてんぷら盛り合わせやハンバーグセットなんてのは敬遠します。そんな脂っぽくて高カロリーのおかずでせっかくの玄米食をだいなしにするのは愚の骨頂。健康的な焼き魚やおひたしなどを取り合わせたくなるんです。

とはいえ、いつもあっさりしたものばかりでは飽きます。
玄米はそれ自体濃厚なので、実は洋食のほうが似合うのです。とりわけ初心者はカレーを作ったときに玄米ご飯を合わせてみると抵抗なくいただけます。炊き込みご飯やリゾットもよさそう。
私は玄米ちらし寿司を作ったことがありまして、けっこういけましたよ。
投稿 ルノ at 21:24 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年02月08日

レバー

私は献血をしたことがありません。
1度献血車に行ったけど断られました。比重を満たさないとかで。

健康診断でも毎回血色素値が低いと言われ・・・要は貧血です。白血球も足りないことが多く、どうも血がボロいんですね。
貧血の人は成分献血もできると聞いたけど、そうまでして差し上げたいもんじゃありやせん。

貧血といえば、くらっとするとか、やせて青白いなどのイメージがありますが、私には当てはまりません。見るからに丈夫そうで、けっこう誤解を受けておりました。

立ちくらみを起こす脳貧血は、一時的に脳への血流が減少した症状であって、血液中のヘモグロビンや赤血球が足りない貧血とは別物です。
私もしょっちゅう立ちくらみやめまいを経験しますが、誰にでも普通に起きるものだという認識でいるので、すぐに治まる限り不安は感じません。

若い女性に多い鉄欠乏性貧血は、たいてい偏食や出血(過多月経など)が原因です。
意識的にレバーを食べればかなり改善します。ほうれん草、小松菜、ブロッコリーなど、鉄分を多く含む野菜もお勧めですが、動物性ヘム鉄のほうが吸収率が格段に高いのです。

年を取るにつれて、美容と健康のために味覚よりも栄養素を優先すべきときが増えます。
レバーは無理をしてでも食べたい食品のひとつです。天然ビタミン剤みたいなもので、栄養価は高いし、話題のコエンザイムQ10も豊富。若返り食品の代表なのです。

私は大のレバー嫌いで、以前はほとんど食べたことがありませんでした。あの臭みやぬこぬこした食感は何度食べても慣れません。

おいしく食べるためにはじゅうぶん血抜きをしろと言われますが、それではせっかくの栄養素が逃げてしまいます。第一血抜きしたところでどんだけおいしくなるってんだ。ので、さっと洗って血のかたまりを除く程度で料理します。そのほうが少量で済むとの目算。

週に4日鶏レバーを食べるようにしたところ、8くらいだった血色素量が翌月の検査で13.2と正常値になりました。その代わり尿酸値が5.4と上限近くまで上昇。
レバー摂取をやめるとまた貧血に戻りました。
なお、血色素が標準でも血清鉄が低いと要注意です。45以上あるべきところ、私は26でした。

レバーを好きな人は好きでしょうが、摂り過ぎは禁物だから、薬のつもりでまずさこらえて食べるのがちょうどいいのかも。
投稿 ルノ at 23:12 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年02月13日

ゼラチン料理

ゼラチンは見た目や舌触りが寒天に似ています。寒天よりも弾力がありぷるぷるしてお子様好みです。
中身は全然違います。

寒天が炭水化物で消化が悪くエネルギーとしては働かないのに対して、ゼラチンは動物性蛋白質で吸収が良いので食べ過ぎると太るかも。通常はグラム単位で食べるので心配は要りません。
寒天は便秘に良いけど、ゼラチンは効かないでしょうね。

ゼラチンの魅力はなんたってコラーゲンでできていることです。
コラーゲンはお肌のはりやつやを保ち、たるみやしわを防止します。中年以降は毛穴が縦に開いて目立ってくるのですが、それにも効くそうです(個人差があるけど)。

ゼラチンのコラーゲンは良質とは言いがたいそうですが、市販のコラーゲン錠剤などを飲むよりは、粉や顆粒のゼラチンで手作り料理を楽しむほうが健康的ですよ。

ゼラチンといえば、コーヒーゼリーやフルーツゼリー、ヨーグルトムースなどのお菓子類が思い浮かびますよね。レアチーズケーキにも含まれるし、マシュマロの材料にもなります。いくらお肌のためだからって、糖分を余分に摂取するのはよろしくありません。
ゼラチンはなるべく食事で摂りましょう。

ゼラチン料理というと、ショーフロワだのアスピックだのなんたらモールドだの、ややこしくて難しそう・・・。

そんなに凝らなくていいんですよ。
ゼラチンを水で固めに溶き、電子レンジでチンしてかき混ぜ、冷やし固めたあと短冊に切ってきゅうりやわかめといっしょにドレッシングであえる、なんてのも立派なゼリー料理。
インスタントコンソメ液をゼラチンで柔らかく固め、砕いて冷ややっこにのせるのもおつです。
お味噌汁の残りにゼリーを振り入れて溶かし、固まりがけにかき混ぜるとちょっと変わった感触の冷汁ができます。夏向きかな。あんまりおいしくないです(なら書くな)。
投稿 ルノ at 22:29 | コメント(1) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年02月14日

今こそ寒天

ひところ寒天ブームだとかで、スーパーでも品薄になりました。すでに落ち着いたようですが、以前よりも価格が上がっています。寒天愛好派には苦々しい事態です。

便秘や肥満を解消し、高血圧その他生活習慣病も予防する理想的な健康食品と脚光を浴びたのに、なぜブームは去ったのでしょう。

ま、食べておいしいもんじゃないし。デザートくらいしか利用法を思いつかないし。

まずくても痩せるんなら我慢して食べますよ。値段も手ごろだし。

人々が寒天に飛びついたのは、「ダイエット(痩せる)効果」への期待が大きかったからにほかなりません。ならばすたれたのは、痩せなかったからでしょうね。

事件にまでなった納豆と違い、寒天には理論的にダイエット効果が認められています。

成分のほとんどを占める食物繊維がほかの食物の消化吸収を阻害するので、有毒物質が溜まりにくいのです。多少食べ過ぎても大丈夫というわけです。
その程度ですよ。肥満を多少防ぐかもしれないけど、積極的に痩せる作用は期待できません。
痩せたとしたら、大量の寒天を食べたせいでまともな食事が胃に入る余裕がなかったなどのケースでしょう。あまり健康的とはいえませんね。
まして寒天を食べているからと暴飲暴食ごろ寝にカウチポテトでは、ぶくぶく太るのは目に見えています。

過度の期待を持てばいずれ失望に変わります。痩せたい人はせっかちですから。

私は寒天もところてんも好きで、特に昨年夏ごろからよく食べています。そして確かに痩せました。自分では寒天のおかげではなく、総合効果だと思っていますが。

便秘に悩む女性は多いようです。寒天は便秘に著効ありと聞きます。

ただし、始めは快調でもだんだん効果が薄れたりします。便秘にヨーグルトがいいと聞いて食べ始めた人も同じようなことを言っていました。
体が慣れてしまうのでしょうか。

どうもほかの食べ物に問題があるようです。
便秘になりやすい人はウンチの材料になりにくい比較的消化吸収の良いものばかり食べる傾向にあるようです。寒天数グラムがいくら水を吸ってかさを上げても、たいした量にはなりません。
その点玄米ご飯に寒天をプラスすると、ボリューム的には立派なものですよー。

とりたてて痩せなかったとしても、寒天は続ける価値があります。時々思い出して料理に取り入れてみましょう。
糸寒天を味噌汁やラーメンなど、汁物に加えると手軽に食べられますよ。
投稿 ルノ at 22:26 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年02月20日

唐辛子

唐辛子を食べるとやせると言われています。辛み成分であるカプサイシンが脂肪を燃焼させるとかで。
英語で「辛い」と「熱い」は同じ言葉(hot)です。ピリピリ辛いものを食べると汗をかいたり体があったまったりして、エネルギーを使っているという実感が湧きますね。

韓国にほっそりした人が多いのはキムチを食べているからだ。という説を小耳に挟んだことがあります。

ご飯にも漬物にもスープにもプリンにも、食べるものすべてに一味唐辛子をかけた人の話を、とある小料理店のママさんに聞きました。実際にかなりやせたそうです。その後どうなったのか、今でも唐辛子をかけ続けているのかは不明です。

すでに幾度も述べましたが、「一品ダイエット」・・・何かを食べてやせるという話には眉唾で臨むべきです。

唐辛子はそれだけを食べるわけにはいかないし、がんばって食べたところで量的にたかが知れています。胃腸や腎臓に病気を持つ人以外ならさほど悪影響はないと思うし、冷え性を改善するかもしれないので、試すだけなら損はないでしょう。
だけどやせる効果はあまり期待できないと思いますよ。

私は唐辛子が大好きです。香辛料全般が好きなんです。黒胡椒も練りからしもわさびも好きです。
特に一味唐辛子は香りも良く、和洋中華いずれにも合うし、昔からいろんなものにかけています。

辛いカレーがはやったころは、辛さを売り物にしている店に行って、10倍とか100倍とかに挑戦してみました。
いやはや、あまりに辛い(からい)のは辛い(つらい)です。汗は吹き出す、涙は流れる、鼻水は出る、舌はしびれて、頭がぼうっとなり、おまけに翌日はトイレでお尻が痛かったり・・・若さとは愚かさかな。

今では適量を心がけています。それでも一番消費するスパイスには違いありません。
あらびき一味は高級感がありますが、辛味は少ないような気がします。

そんなふうに辛いものを好み、日常摂取している私も過食とだらしない生活で太ったわけですから、唐辛子でやせようなんて考える人はよほど大量に、おそらくは食の楽しみを妨害するくらい摂らなければなりません。現実的ではありませんね。
投稿 ルノ at 22:12 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年03月01日

ゴボウの外れはずれ

ゴボウ(牛蒡)のような脚といえば、日焼けしてやせこけた、活発な女の子を思い浮かべます。
ほんとうのゴボウは色白なんですよ。
ゴボウが黒く見えるのは土がついているからで、洗えば白くなりますが、白くなったそばから黒ずんでくる。非常にあくが強いのです。
あくはお肌に悪いようなイメージがありますが、実はそうではないのだとか。注目を浴びているポリフェノールの一種だから、あく抜きは必要ないという説があります。

私は面倒だからという理由であく抜きをせずにいたのですが、別にすごーくまずいとか渋いとか感じたことはなかったように思います。

ゴボウはへんてこな食物です。見た目は積極的に食べたいもんじゃありませんよね。

戦時中捕らえたアメリカ兵にゴボウの入った食事を出したら、木の根を食わせた、捕虜虐待だと、後に問題になった、てな話を聞いたことがあります。日本独特の素材なのですね。
ゴボウの良さを知らないガイジンさんはお気の毒。

ゴボウはポリフェノールのほか、繊維やオリゴ糖を含む優良食品です。美容と健康に貢献します。香りもよろしいし味もいける。
美人を目指す人は積極的に食べたい根菜の代表です。

しかし調理が面倒なのが玉にキズ。切り方も千切りやささがきなど、細かくて時間のかかる作業が要求されます。
あく抜きは省略可能でも、冬は手が冷たくて洗うのが嫌ですね。でも洗いゴボウや切りゴボウを買うと風味が落ちるから、やっぱり泥つきを選んでいます。

野菜や果物には時として当たり外れがあります。タマネギを切ったら中が茶色だったとか、蕪を煮たら筋だらけだったとか、みかんの皮をむいたらパサパサだったとか。

腹立たしいことに、ゴボウはほとんどすべてが外れです。中心にスが入ってスカスカしているものばかり。
なんで?

ゴボウの産地としては青森や茨城が有名らしいけど、この辺は遠いから新鮮さが薄れるのかしら。
中までみずみずしく詰まった新鮮ゴボウを1度食べてみたーい。
投稿 ルノ at 21:22 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年03月10日

ブロッコリーは茎も食べよう

実家に帰ったら、畑には菜の花が満開で、ブロッコリーも花盛りでした。
どちらもアブラナ科で、似たような黄色い花をつけ、つぼみを食べるところも同様です。暖冬のせいか育ち過ぎて、食べるのが追いつきません。
ブロッコリーは一株にびっしり花が咲くので、花瓶に挿して飾っても豪華ですよ。

ブロッコリーの花。
ブロッコリー

菜の花とブロッコリー
後ろは菜の花です。
ブロッコリーも菜の花も、つぼみの部分を探して持ち帰りました。あしたのおかずにする予定です。

ブロッコリーはビタミンA・Cや鉄分が豊富で、和洋中華いずれにも使え、ただゆでたり蒸したりしただけでも食べられる、実に重宝な野菜です。今年は価格も安いので、ぜひたくさん食べましょう。

料理本には「ブロッコリーは小房に分けてゆでる」と書かれたものが多いようですが、茎についての言及はあまり見ませんね。
茎を捨てる人がいるなら、もったいない話です。ほんのり甘みがあって、なかなかおいしいですよ。古くなって中心に穴が開いた部分は除きますが、皮はよほど固くない限りむく必要はありません。
細切りにしてきんぴら、味噌汁やスープの具、サラダなどいろいろ使えます。

時々、茎がやたらと太くてつぼみが小さいブロッコリーが安売りされています。つぼみはひとりで食べるのにちょうど良いサイズだからよく買います。茎は翌日のためにとっておき、葉っぱもろとも刻んでチャーハンに入れたりします。

なお、つぼみの部分はゆでたあと水にさらす必要はありません。というか、ゆでるとせっかくの栄養分が流れてしまうので、あまりお勧めできません。電子レンジにかけるのが一番効率的なようです。
投稿 ルノ at 21:13 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2007年03月26日

脚光を浴びるゴマ

ゴマは体にいい。とよくいわれます。
いったいどんな成分が含まれるのでしょう。

種実類はたいていそうですが、大半が脂質です。蛋白質、食物繊維、各種無機質類に富みます。特にゴマはカルシウムを多く含みます。
欠けているのはビタミン類ですが、ビタミンEが多いのはありがたいことです。Eは若返りのビタミンですから。
全般的に栄養価は相当なもので、さすが植物の命の元がぎっしり詰まってるって感じ。

白ゴマも黒ゴマも栄養的な差はないのですが、黒ゴマの色素はポリフェノールで、これも美容と健康の助っ人ですね。

さらにゴマにはセサミンという独特の成分が含まれると聞きます。英語でゴマはセサミ。だからセサミン、とはわかりやすいけど安易な命名だなあ。
このセサミンがビタミンEを保護するらしいのです。ビタミンCやEは抗酸化作用が強いのですが、それは自分自身が極めて酸化されやすいから。酸化されかかっているものを見つけたら、自分がいち早く酸化してしまうことで他者の酸化を防ぐのです。でも酸化されたEの残骸が大量に発生するのもあんまり良さそうに思えません。それが保護されるのだから、嬉しいではありませんか。

それやこれやで、積極的に食べたい食品です。
種実類は熱量が大きいので、食べ過ぎると確実に太ります。幸いなことに、ゴマはナッツ類に比較すると、たくさん食べられる代物ではありません。せっせと食事に取り入れたところで、量的にたかが知れています。

料理だけでなく、ホットケーキやパンに混ぜて焼いたり、すりゴマときなこを牛乳に混ぜた「きなごまドリンク」もお手軽です。

なおゴマの皮は消化されにくいので、特に胃腸の弱い人は粒のままでは栄養をじゅうぶんに吸収できないおそれがあります。すりゴマを買えば簡単ですが、酸化されやすいので、煎りゴマをその都度ごますり器でするほうがよろしいでしょう。
別な観点では、丸ごと食べると便秘に効くかもしれませんね。
投稿 ルノ at 21:32 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食