2007年01月16日

減量にはやはり減食

ダイエット(diet)のほんとうの意味は『食餌(食事)療法』です。食餌療法とは食事を減らすことではありません。医学的な知識に基づいて食材や調理法を選び、病気を治療するために摂取することです。

その視点において、私は特に食事療法を実施せず、踏み台昇降一本でした。
体重は減らなかったものの、踏み台がウエストやヒップのサイズダウンに効果があるとの確信を得てからは、体重計をしまいこんで、よりいっそうエクササイズに励むようになりました。体型が引き締まるだけで御の字と思っていたし、真面目に続ければ体脂肪が筋肉に置き換わって体重も少しは軽くなるだろうとの悠長な期待も・・・。

なにせ私は飛び切りものぐさでぐうたらな人間。体を動かさず指先だけでチョコチョコと済ますお気楽な生活が身についてしまいました。
踏み台に踏み切っただけでもすごい進歩だと評価しますが、こんな軽い運動を1日15〜30分程度では肥満のストップが関の山でしょう。

真に痩せるためには食生活の改善が不可欠です。って、それができるくらいならとっくの昔に痩せてらあ。

普段の食生活はむしろ粗食に近くて(経済的事情)、肉や魚よりも野菜や大豆中心。揚げ物はキッチンが汚れるから敬遠し(掃除嫌い)、電子レンジが主たる調理道具(手抜き)。お酒は一滴もやらないし(懲りた)、間食も夜食もなし(歯磨きの回数を減らすため)。
しかし誰しも弱点はあります。なんたって私は甘いものが大好き。特にアイスクリームとあんこ(大福、あんパン、どら焼きエトセトラ)に目がないのです。間食はしなくても、デザートの分量が主食よりも多かったりします。

ところが・・・。

アイス本番の夏が始まった7月、冷蔵庫が故障したのです。完全にイカレたのでなく多少は冷えていたので、買い替えずに放置(経済的事情)。冷凍能力が失われてアイスクリームの保存ができず、冷蔵庫代を捻出するためにも我慢することといたしました。

不運は重なるもので、ものもらいを眼科で切開したら失敗し、よけいひどくなりました。いやもう、最悪の時期にはお岩さんでした。美人への道は遠ざかる一方。

実はそれ、ものもらいではなく霰粒腫だったのです。
医者は信用しない、こうなったら自力で治すぞう。と、食餌療法(これぞダイエット)を試みました。大まかな内容は、玄米食、野菜中心、甘いものを控えるなど、減量法とまるきり一致しているんです。たとえ治らなくても痩せそうな処方。
霰粒腫が食餌で治るのか。私も半信半疑でした。おまけに私のやり方は自己流で中途半端かつ無謀、みたいな・・・。
それでもいろいろやってたら、数か月後にはほぼ消失しました。♪♪♪ 詳細は霰粒腫を自力で治すに。

まぶたの腫れが引いたころにはほっぺもへこんできまして、気づいたら体重は8キロ減。8〜11月の4か月間に減ったようです。ただしそれ以降はさっぱり変化なし。
霰粒腫が治った反動か、このごろ大福やチョコレートをつい買っちゃうんです。今月は実家から持ってきたお餅もたくさん食べたし。ただし太る気配がないのは、踏み台を続けていて基礎代謝が上がったからかなと思っています。
投稿 ルノ at 21:45 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年01月24日

意志薄弱にあらず

体重を減らすには食事を減らすことだと、しごく当たり前の(ような)ことを書きましたが、それがたやすくできるならダイエットの苦労なんかありませんよね。

食物を摂取しないことは死に直結するので、体は本能的に恐れます。あの手この手で食べさせようと試みます。脳にも働きかけます。
初めは意志の力で節食できていても、空腹が続くと考え方が変わってるのです。

「このごろよくめまいが起きる」「食べる量、減らし過ぎかしら」「このままだと病気になるかもしれない」「入院するはめになったらどうしよう」「死んだらお母さんが悲しむだろうな」・・・

なんと巧妙な心の働き。これは意志薄弱ではありません。挫折感や自己嫌悪を持たず、円満にダイエットを断念させるためのテクニックといいましょうか。身体に備わった生命維持システムがこのように導くのです。
ある意味正気ではない(論理的判断ができない)状態なのです。

敗北のあげくリバウンドすると、次第にまともな思考が戻ります。ここで意志の弱さを責めても詮なきこと。自然の摂理に逆らった選択ミスを反省すべきです。

苦い教訓は次回の糧となりましょう。
もっとも失敗が成功の母となる確率は、ダイエットに関しては非常に低いのです。幾万の女性が同じ過ちを繰り返しています。
ずばり、知識不足です。体が痩せたり太ったりする仕組みを知らず、成功の法則を無視して自己流に頼るからです。

何もムズカシイ勉強をしろとは言いません。リバウンドの怖ささえ認識していればじゅうぶんです。

「私は丸1日絶食すると1キロ痩せるの」と言う人がいます。過去の経験をよりどころに、「たとえ失敗しても、1日絶食で取り戻すわ」「来週のデートの前日に断食すれば、あのワンピースを着ていける」と、起伏の激しい摂食を不定期に続けることになります。行く手に待つのは痩せにくい体質です。

絶食→わー大変、命が危ない。ドカ食い→わーい、どんどん脂肪を作ろう。絶食→このごろ原料の供給が不安定だなあ、万一に備えて脂肪を貯めなきゃ。ドカ食い→在庫はたんとあるが、今のうちにもっともっと脂肪を備蓄しよう、内臓にも血管内にも貯めるぞぉ。・・・とまあ、カラダはてんてこ舞いです。

飢餓に対する過剰防衛を阻止するためには、カラダに気づかせない程度に、少しずつ少しずつ減らしていくとよろしいでしょう。
始めは処女の如く、しかし最後は淑女の如く。ゆっくりでも絶対量が減り過ぎると、やっぱりカラダは用心し始めます。
痩せたからって、食べる量を以前と同じ程度に増やせば当然体重も増えます。少ない食事に胃や脳が慣れてしまうまで減食を続けるなんて、太る体質の人にはとうていできません。
食事を減らすと友だち付き合いも制限されるからつまらないと感じる人もいるでしょう。

つまるところ減食だけで痩せることは可能でも、食事療法だけで痩せた状態を維持していくのはかなり困難なのです。
投稿 ルノ at 21:46 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年01月27日

空腹警報

踏み台昇降だけでは体重を減らせなかった私も、食事療法に取り組んだらやっと体重が減り始めました。

といっても、むやみやたらと節食したわけではありません。だから体重が減ったとはいえ、そのスピードは非常に緩やかなものでした。
減食の記事に書いておりますように、これは霰粒腫を自力で治すための食事療法であり、冷蔵庫を買う費用を捻出するための倹約でもありました。減量は二の次だったのです。

霰粒腫を治す食事法は、小食、甘いもの脂っこいものを控える、アルコールとカフェイン禁止、玄米食+生野菜、水を飲む、時々断食といった厳しいもので、実を言うと私が実行できたのは、玄米・水・禁酒くらいでした。アイスクリームはほぼシャットアウトできたのですが、甘いもの全般はなかなかやめられません。以前より相当少なくしたものの、やっぱりついつい手が出ます。

もともと意志薄弱な私、徹夜と絶食は人生に数度くらいしか経験なし。素人断食は危ないから〜とオミット。

そんなわけで、ほんとうに減食になっていたのか、自分でも不明なのです。おなかがすいて困った記憶もないし。
ダイエットの一方法として「毎日自分が食べたものを克明に記録する」というのがあり、食べ過ぎを自覚するのに有効だそうですが、そんなことはする気になれず。

それでもアイスクリームや大福を野放図に食ってたころに比べると、食事内容は格段に良くなったように思います。毎食意識して野菜を豊富に摂ったので、量のわりに熱量が抑えられたのでしょう。

詳細を調べるため、数か月分のレシートをエクセルにぶち込んで計算したところ・・・なんと、減食の前とあとで食費にかける費用にはほとんど差がなかったのです。
なぜ? 以前はアイスクリームやお菓子をどっさり食べていたのにぃ。第一、これじゃ冷蔵庫買えないやん(11月に安いの買いました)。

さらに細かく分類したら、かつて嗜好品に使っていたお金が野菜・芋・豆などに回っていたのです。とりわけサツマイモが増えてるー。
そういえばお菓子には後ろめたさが付きまとうので、焼き芋やバター芋をデザート代わりにすることが多くなったんですよね。
バター芋って何? フライパンでバターを熱し薄切りのサツマイモを両面焼くだけ。ほんのり塩味がついてグー。でもバターを吸ってカロリーは高いはず(マーガリンのほうが体に良いのかもしれないけど、私は断然バター派)。

ほかにデザートとして活用したのが寒天。やっぱりテレビ番組のせいで一時品切れになったとかいう、あの寒天です。ブームが去って高値安定したみたいで気に食わないけど、なかなかよろしいです。甘みをつけずに固めてきなこを振りかけて食べました(寒天についてはまた別の機会に書きます)。

そんなボリュームあるデザートのおかげで、減食しても空腹感に悩むことはなかったのです。

甘い物好きの私は結局デザートからは逃れられないんですよね。
サツマイモも寒天も食物繊維が豊富だからダイエットにはお勧めですが、お菓子代わりにしていては胃が小さくなりません。恒常的な小食習慣を身につけるためには絶対量を減らさないといけないのです。

しかしダイエットの大敵は空腹です。空腹を制しきれなければ必ず挫折します。空腹はカラダが発する警戒信号です。本能的な死の恐怖に逆らうと正気を失います。
空腹が気になるほど食事を減らしてはいけないのです。まして朝ごはんが済んだとたんランチが待ち遠しいなんて、すでに失敗です。

代用デザートは最善策ではないにしても、その場しのぎになりましょう。それで挫折を回避できれば上々ではありませんか。
投稿 ルノ at 22:29 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年02月01日

デザートは別腹

おなかいっぱいでも甘いもの(もしくは好物)なら食べられる(食べる余裕がある)とよく言われます。女性はその傾向が強いようです。

満腹なのにまだ食べたいとは困ったことです。別腹はダイエットの大敵ですね。

そもそも満腹とはどんな状態でしょう。
単純にいえば、食物で胃壁が拡張し、血中に糖分が出てくる(血糖値が上昇する)と、脳が満腹感を得るそうです。

しかし胃壁と血液だけでは完全に説明できないのも事実です。
大好物でも山のように並べられると食べる前に腹いっぱいと感じたり、食事の途中で電話がかかって話に夢中になると続きを食べる気が失せたりします。

腹いっぱいといっても、現代社会では胃がはち切れそうになるほど食べることはまれで、たいていは余裕を残しているものです。物理的には入るけど、脳がもうけっこうと拒否するのが満腹状態なのでしょう。
そんなとき、直前の食事には含まれていなかった珍しいもの、甘いもの、好きなものを目の前に出されたら、満腹感がリセットされて新たな食欲が湧くのかもしれません。

満腹のライオンはそばをシマウマが通っても襲わないと聞きます。別腹とは本能を無視した人造的欲望の一種でしょうか。
人間に飼われるペットだって影響を受けているようです。晩ごはんの直後でもエビなんか見せると大喜びで飛びつき、しまいには食べ過ぎて吐き散らす猫もいました(そんな目にあわせる飼い主が悪い・・・すんません)。

いや、人間は文明に毒されたとはいえ、食欲に関する本能はさほど衰えてはいないはずです。特定のものに強い食欲を感じたとき、体はそれが含む栄養素を求めているのです。
いつも食後に何か別のものを食べたくなるとしたら、献立が偏っていて、必要な栄養をじゅうぶんに摂れていないおそれがあります。

しかし別腹で欲しくなるスイーツの類はおおむね糖分脂肪分のかたまりであり、通常の食事で満たされるようなものです。

つまり代償作用なのか。ミネラルであれビタミンであれ、何かが足りないとき、カラダは漠然とした「食欲」という形で警告を発します。微量しか含まれなくても大量に食べればどうにかなるさ、と。

別腹を抑えられない人は、そんなふうに効率の悪い摂取をさせてしまう食事内容を反省する必要があるのです。
投稿 ルノ at 21:22 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年02月15日

ゆっくりと味わって食べる

小学校低学年のころ、私は偏食が激しく、給食のほとんどを残していました。好きなのはお菓子と果物だけで、肉も魚も野菜も嫌い。パンはどうにか食べるけど、ミルクは全然ダメ。
その学校は放任だったけど、転校先には厳しい先生がいて、無理やり食べさせられました。いやもう、まずいものを食べるのは地獄の苦しみです。今でさえ思い出すと、学校に火をつけに行きたくなります。残念ながら鉄筋に建て替えられたようだが。

その体験から私が会得したテクニックは、噛まずに飲み込むことです。噛んでいると味がわかって吐きそうになるから、目を閉じて息を止め、かたまりのままぐぐっと喉の奥に押しやる。
それでたいていのものは食べることができるようになりました。「食べる」というより「胃に入れる」だけです。

偏食のため食べる楽しみを知らずに育った痩せっぽちの女の子は、中学3年生になるころは痩せたいと願うようになりました。給食を丸飲みする習慣が標準以上の体格を作り上げたに決まってます。
無理強いがどんな形で弊害を残すかという一例です。
だけど胃腸も丈夫になり、めったにおなかを壊すことはありません(そりゃもって生まれた体質さ・・・うちの田舎ではそういうのをコジキバラとか言うんだよね)。

大人になるころは偏食もほぼ改善していましたが、あまり味わわずに飲み込む習慣はなかなか是正されません。いまだに食べるのが早いんです。人と会食するときは極力抑えますが、ひとりだとあっという間にぺろり。・・・それが尾を引いて中年太りに貢献したんでしょうね。

早食いは太るもとといいます。
食事をして胃が膨らみ、血糖値が上がると満腹感を覚え、食べる意欲が減退します。血糖値が上がるには一定の時間を要しますが、がつがつ食べると満腹になる前に食べ過ぎてしまうのです。

そもそも早食いなんてマナー上もみっともなく、美人には程遠い行為です。
優雅にゆったり食べる習慣をつければ、食べる量が抑えられて、長い間には胃も縮小すると期待できます。今からでも努力しなければ。
投稿 ルノ at 22:16 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年02月19日

アンチマヨラー

先日給食が嫌いだったと書きました。
中でも舌と喉が激しく抵抗したのがマヨネーズです。あんな不気味な物体が食べ物なのか。あんなまずいものがこの世に存在する不条理を呪っていました。

昨今なんにでもマヨネーズをかけたがるマヨラーなる人種が若者の大半を占めると聞いたときは驚きました。
好き嫌いの激しい子供でも、マヨネーズをかければけっこう食べてしまうという話にもびっくりです。

昔のマヨネーズって、きっとまずかったんでしょうね。

血のにじむような努力の結果(?)、高校生のころは平気で食べるようになっていました。
自分でマヨネーズを作ったこともあります。卵黄と酢とサラダ油を混ぜて。自家製はスパイスをきかせないと生臭みが残ります。市販品のほうがましです。

便利な調味料だから、安売りのとき買って冷蔵庫に常備しています。減り方は遅々たるもので、「開封後は1ヶ月以内にお召し上がりください」との注意書きもなんのその、350gボトルを半年以上もたせます(自己責任だいっ)。

マヨネーズが好きではなくて本当に良かったと安堵しております。
もし私がマヨラーだったら・・・今こんなブログを書いてはいなかったはず。体重の増え方はあの程度で済まず、やせるためには数倍の努力が必要だったことでしょう。

市販のマヨネーズの外袋には15グラムで100kcalとあります。15gは大さじ1杯くらいでしょう。マヨラーならもっとたくさんかけますよね。
これほど高カロリーの調味料を何にでもかけていたら、いくらダイエットしても水の泡。
マヨネーズで子供の食が進むからと好き放題かけさせていたら、肥満児になるのは確実で、将来恨まれるでしょう。

自分でホームメイドマヨネーズにトライすると納得がいきますよ。マヨネーズの成分はほとんどが油。マヨネーズは油のかたまりです。
酢と油は本来混ざりませんが、卵黄レシチンの乳化作用でまとめたのがマヨネーズソースです。油が多めだととろりとして舌ざわりもなめらか。カロリーを抑えるべく酢を増やすと水っぽくて分離しやすくなります。

マヨネーズは油だと認識したら、食べ方も少しは違ってくるでしょう。
油っ気のない食材に油分を補うのがマヨネーズの役目です。ポテトサラダにはぴったりですが、油で焼いたお好み焼きには合いません。魚のフライにタルタルソースをかけたり、オイル漬けのツナをマヨネーズであえるなんて狂気の沙汰です。

そんなわけで、ダイエット中のかたはマヨネーズを摂り過ぎていないか1度チェックしてみましょう。
投稿 ルノ at 21:14 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年02月28日

たまにはやけ食い

久々に新規コンテンツに取り組んだら、ぶっつけ本番だったもので(いつもそうなんだけど)、完成度がいまいちでした(いつもはまあまあの出来)。作りながら写真を撮っていくので、やり直しや後戻りができないのです。なんとかごまかしてアップしたけど、達成気分には程遠く・・・。

それでむしゃくしゃしていたのか、買い物に行ったら安売りチョコが目に留まりました。つい買っちゃう。しかも普段お菓子は食後にしか食べないのに、3時のおやつとばかりパクパク。
例のコンテンツ、もちょっとどうにかしたいなと模索しながら、1個また1個と食べ続け、はっと気づいたら、包装紙の山。徳用チョコをほぼ1袋食べてしまいました。
ぎゃいーん、どうしよう。

自戒の写真

そーっと外袋を見たら、100gで622kcal・・・全部で1,555キロカロリー!!

その結果、胃が重苦しくムカムカしてきました。なんと愚かな・・・。
晩ごはんはブロッコリーとトマトとお茶で済ませました。

でもま、こんなことってあるもんですよね。
済んだことはしかたない。あまり自責にとらわれると逆効果。
前向きに考えましょう。やけ食いがストレス解消の切り札ってことは、どなたもご存知でしょ。
これで当分は糖分を控えたくなるだろうし、明日からは月も変わるから新たな気持ちでスタートできます。

なんたって私のモットーはダイエットに終わりはない
こんなふうに許容できるのも、日々エクササイズに邁進している裏付けがあればこそ。

ただちょっと情けないのは、やけ食いにおいても常に経済性が頭にあること。どうせなら198円のご奉仕品ではなく、高級高価なグルメスイーツを選びたかった・・・。
投稿 ルノ at 22:03 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年03月03日

激辛ゆずこしょう

大山の手作り柚子胡椒をいただきました。
「すごーく辛いから気をつけてね」と注釈されたんだけど、けっこう激辛好みだったワタクシでありますから、たかがゆずコショウ、辛さも知れてるだろうと思っていました。

いかにも手作りって感じの、素朴なラベルでしょ。いくぶん斜めに貼られているのもご愛嬌。

柚子コショウ →裏ラベルはこちら

ふたを開けると柚子の香りが食欲をそそります。色もきれいな黄色。
こんにゃくの味噌炒めにちょびっと入れてみました。小指の先くらいです。

食べてみる。そんなに辛くない。もう少し入れればよかったかな。
仔細に観察すると、練られた柚子の皮の間に、直径2、3ミリくらいの平たい粒が混ざっています。白っぽかったのが柚子に染まって黄色くなったように見えます。これが唐辛子の種かな。唐辛子の種ってもっと赤くなかった? いくつか噛んでみました。ピリッと来ます。

食べ続けていたら、ちょっと舌が熱くなってきました。いや、ちょっとどころじゃない。びりびりして、鼻の頭に汗が噴き出してきました。
ひえっ、からーい。舌が痛くて痛くて、脹れ上がったような感触(見た目はなんともないんだけど)。
冷や汗が出てきて、背筋が寒くなるほどの辛さ。医学的な意味での『ショック状態』に陥ったみたいな。心臓の弱い人には危険ですよー。

冷たい水を口に含んで鎮めようとしたけど、その水が沸騰するかのようで効き目なし。ヨーグルトを舌に乗せたり、トマトを食べたり、20分くらいあたふたしたあと、ようやく収まってきました。
その後1時間ばかり舌に違和感が残り・・・いやはや、さんざん。

激辛カレーだってこれほどじゃなかったような気がします。
これに匹敵する辛さといえば、昔メキシコ料理店で食べた青唐辛子の漬物だけ。実にのた打ち回る辛さでありました。

でもまあ、このゆずこしょう、また食べてみたくなりそうな味わいです。激辛党だったら病みつきになるかも。
毎日少しずつ食べたら、痩せる効果だってありそう。

翌日、そのフライパンでタマネギを炒めたら、立ち昇った『辛い気』にむせ返り、咳が止まらなくなりました。出来上がった料理はちょっとピリ辛。なぜっ!? フライパンはちゃんと洗剤で洗って乾燥させたのに!
おそるべし、ゆずこしょう。

付記:
調べたら、柚子胡椒というのは柚子と青唐辛子を混ぜたものなんですね。青唐辛子ってメチャクチャ辛いんだー。
投稿 ルノ at 16:03 | コメント(1) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年03月07日

マーガリンよりもバター

美容と健康を考えると、コレステロールが多くカロリーの高いバターよりは、植物性のマーガリンに手が出ますよね。

私はマーガリンが好きではありません。
学校給食時代から嫌いでした。

でもバターは好きです。大人になって好きになったようです。
風味の良さではマーガリンはバターにかないません。
熱量においても、どちらも成分のほとんどが油脂なのだから、カロリーに差はないのです。

もっとも、私がマーガリンをバカにしている間に、マーガリンは格段に進歩しました。
味も香りもバターの真似にとどまらず、いろんな個性的味わいを売り物にしたり、ホイップして軽い食感を出した商品もあります。混ぜたり加工したりすれば、カロリーも低くなります(混ぜる相手がバター以外なら)。
バターと混ぜた商品が人気なのは、マーガリン単品だと今なお風味の点でバターに劣るからですね。

マーガリンの長所は柔らかさと価格の手ごろさでしょう。

バターは固過ぎます。冬場は数時間前に冷蔵庫から出さなければ、トーストに塗れません。

昔私は、雪印の『ソフトバター』という商品を愛用していました。
カップ入りで、原料は純バターなのだけど何やら加工して柔らかく仕上げたというフレコミでした。料理に使うとはね散るという難点がありましたが、味はバターっぽくて好ましく思えました。
店頭から見なくなって長年経ちます。人気がなくて売れなかったのでしょう。

先日スーパーでそれが復活しているのを発見! さっそく買いました。
家に帰ってよく見たら、私の早とちりでした。メーカーは同じだけど、名前は『ソフト&バター』・・・アンドが入っているのです。
カロリーとコレステロールが控えめの『バターを主原料とするスプレッド』なのです。要はバターとマーガリンを混ぜたもの。

ソフト&バター

味は・・・まあまあ。サンドイッチには重宝するけど、炒め物には不向きです。

まあ、とにかく私はバターにこだわります。旧弊なもので、マーガリンはまがい物というイメージを払拭できないんですねえ。

皆さまにもバターをお勧めします。

マーガリンはバターよりも気軽に使えます。安い・柔らかい(+このごろはカロリー控えめ)という特長が摂取過剰を招くのです。
ベタベタマーガリンを塗りまくっていれば、とてもダイエットはおぼつきません。

時たま高級バターを少量だけ味わいながら食べるほうがよっぽどおいしく感じるし、総合的に摂取エネルギーを抑えられるはずです。
投稿 ルノ at 22:49 | コメント(2) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年03月16日

ノーカロリー食品って

こんにゃく、海草、きのこ、コーヒーやお茶などはカロリーゼロだから、いくら摂っても太らない。そのような認識が広まっていますよね。
いや、正しくは0カロリーではなく、エネルギーとして働かないということです。
いえいえ、それも違うんだと、食品成分表で読んだ記憶があります。エネルギーはあるけど正確な測定が難しい、ということではなかったでしょうか。

ならば、低カロリーだと信じ込んでわかめをどっさり食べるうちに太ってしまう可能性だって・・・。

気にし始めたら落ち着かなくて、図書館に出かけ、資料を借りてきました。
『五訂増補食品成分表2007』(女子栄養大学出版部)・・・文部科学省の『五訂増補日本食品標準成分表』を解説したものです。数値はそのままだけど、食品の写真やその他のデータなどが含まれた厚い本。

それによると、『四訂成分表では、被験者ごとのエネルギー利用率の測定値の変動が大きく、エネルギー換算係数を定め難く算出しなかった。しかし五訂では暫定的な数値を算出している』という意味のことが書かれています。

貧血だった私は、鉄分含有食品に関心を持ち、四訂成分表をよく眺めていました(いつの間にか紛失しちゃったけど)。
熱量に関しては、上述の食品のエネルギー欄はゼロではなく、―(ダッシュ)でした。

五訂成分表ではそれぞれに数値が載っています。五訂が公表されたのは2000年で、増補版は2005年ですから、ずいぶん以前からそれらがノーカロリーであるという説は否定されていたのですね。
私としてもちょっと迂闊でした。

むろん今でもこんにゃくはノーカロリーだと思っている人は多いし、それでいっこうに差し支えないんですよ。

というのも、改めてチェックしたところ、どれもこれも低い数値でした。
こんにゃく5〜7kcal、ところてん2kcal、きのこ・海草(生)10〜30kcal、お茶やコーヒー(浸出液)0〜4kcal程度。いずれも100グラム当たりの『暫定値』です。
きのこと海草は野菜並みに高いのですが、蛋白質や無機質・ビタミンに富むからそれくらいあって当然って気がします。そもそも蛋白質というのは、1グラムにつき4kcalくらいの熱量があるものなのです。

だから今後も、ローカロリーのダイエット食品としてどんどん食べましょう。

一点気になるのは『暫定値』の意味合い。『被験者ごとの変動が大きい』というくだりも、いささか不安を呼びませんか?
世の中には、わかめやマッシュルームが非常に吸収されやすく脂肪になりやすい体質の人が存在し、もしかして自分がそれに該当するのではないのか、と。

そこまで心配する必要はないと思うのですけど。
投稿 ルノ at 22:21 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年03月19日

食物繊維を賢く摂る

体にいいとされる食物繊維質は、通常植物の食物繊維を指します。
動物では、たとえば海老の尻尾のキチン質は繊維のようなものだと聞いたことがあります。が、動物の成分は繊維としてはほとんど役に立たないので無視されております。キチンにはキチンの用途があって、体に良いらしいのですが。

食物繊維はダイエット上重視されますが、栄養素として価値がない(消化吸収されない)という、昔だったら軽んじられたはずの性質ゆえです。そのものが消化されないだけでなく、ほかの食物の吸収を阻害さえするので、食べ過ぎ飲み過ぎを緩和すると期待されているのです。

人が何かを食べるのは、本来栄養素を吸収するためであったのに、それを打ち消すために別の食物を食べなければならないほど、食が過剰になっているとは因果な話ですねえ。

もちろん食物繊維の作用はそれだけではなく、胃腸の働きを活発にし、毒素の排出を促し、腸内の善玉菌を増やすという積極的な効用があります。
太っている人も痩せている人も、ある程度の量を摂取することが大切です。

目安は1日20グラム以上とされています。現実にはなかなか摂れないものです。
それでも日本人はまだ欧米人よりも食物繊維の多い食事をしているらしいのですが、肉食やインスタント食品の普及などにより徐々に減っているようです。

そもそもおいしいものには繊維が少ないときています。

前述のように、動物性食品は全滅です。
野菜は筋が多くていかにも繊維っぽいですよね。でもサラダとしてちょっぴり食べてもたかが知れています。根菜や加熱して食べる葉物野菜を増やさなければいけません。

玄米には精白米の6倍量の繊維が含まれます。数値としては100g中3gで、飛び抜けた量ともいえません。
大豆の繊維はかなり多いのですが、豆腐や豆乳になるとだいぶ減ってしまいます。
黒豆ご飯みたいに組み合わせると、相当な繊維摂取が期待できると思うんですけど。

海藻類も繊維を豊富に含む食品です。
寒天は3/4が繊維です。1度に食べることのできる量はわずかでも、週に何度か食事に加える習慣をつければ、便秘の改善にも貢献するでしょう。

おいしいものには少ないと書きましたが、和菓子、特に饅頭やどら焼きなど、あんこものにはけっこう含まれます。ポテトチップスも意外に多いようです。小豆や芋は繊維が豊富なのです。
ただしポテトチップスは油脂も多いのでお勧めできません。

そんなふうに食品ごとの成分を知って賢く摂取することが美容と健康につながります。

ただしむやみやたらと繊維を摂るのではなく、過食を戒め、適量の繊維を含む適量の食事を心がけることのほうが重要だと思います。たくさん食べてたくさん出せばいいやと思っていたら、いつまでも胃が大きいままですから。
投稿 ルノ at 21:47 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年03月27日

間食を恐れるな

私は間食をほとんどしません。
「ほとんどしない」とは「たまにはする」ってこと。珍しいお菓子が届いたり、ホカホカの回転焼き(この辺では今川焼きのことをそう呼ぶ)を買ってきたときなどはすぐに食べます。むろんたまにはやけ食いも。でも、めったにありません。

どうしても間食がやめられない人にはうらやましいでしょうね。よっぽど意志の強い人に見えたりして。

そんなもんじゃないんですよ。間食をしないのは単なる習慣。その分をデザートに回すのです。

太っていたころだって間食はしませんでした。これは特筆に価します。
間食は太るもとだと信じて涙ぐましい努力で抑えても、別に痩せやしない。これが私の主張です。かえってストレスがたまってドカ食いを招くなら逆効果です。

それどころか、間食を上手に取り入れれば、ダイエットに効果があります。

温泉旅行はお好きですか?
旅館に到着するのはたいてい午後から夕方にかけて。お部屋に案内されると、テーブルにはお決まりのように、お茶とお菓子のセットが用意されていますね。お菓子はその土地の名物の饅頭や最中などが多いようです。
何時間か車に揺られたあとで小腹もすいているし、つい手を出してしまいます。

実はこれ、旅館の策略なのだとか。

お茶とお菓子で休憩したら、そろそろ夕食です。
でもさっきお菓子を食べたので血糖値が上がっていて、あまり自覚しなくとも食欲が減退してしまうのです。
旅館としては、安いお菓子を先に食べさせることで、料理にかける費用を節約するのです。品数が少なくても満腹感を味わってもらえるといったしだい。

その伝で行くなら、効果的な間食は食事の30分くらい前に甘いものを少しだけ、ということですね。これでいくぶんかご飯の量を減らせるでしょう。

あるいは・・・。
「朝食抜きは太る」といいますよね。空腹の時間帯が長いと、カラダの(過剰)防衛反応により、脂肪を貯め込む体質になってしまうからです。
同じ量を食べるならば、食事の回数は多いほうが良いのです。

というわけで、朝昼晩の食事のほか、10時と3時のおやつと9時の夜食を規則正しく食べることにしてはいかがでしょう。
ここで厳守すべきは総量を増やさないことです。間食OKだからって、際限なく食べれば太るのは必至。3度の食事を6分割するだけです。
寝る前の食事もヤバいから、9時はギリギリの時刻となりましょうか。

この1日6食方式を注意深く実行し、うまく軌道に乗せることができれば、胃が小さくなって知らず知らずのうちに痩せてきます。
少なくとも私のような「デザート方式」よりはダイエット効果が期待できそうです。

が、現実には難しいでしょうね。
間食が好きで太っている人って、小食に耐えられないものです。回数に比例して量も倍てなことになれば、目も当てられない。

さしあたって心がけることを2点挙げます。
まず「ながら間食」をやめる。テレビを消し、テーブルについて姿勢正しく間食をしましょう。
もうひとつは、間食が済んだら必ず歯を磨くようにします。

間食に専念することで、これも食事のひとつだという意識を植えつけ、だらだらと食べ過ぎてしまうことを防ぎます。
はたまた、歯磨きが面倒だから間食をやめておこうという気持ちになることもあるのですよ。
投稿 ルノ at 22:07 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年03月30日

胃を小さくする

一昨日、胃に風船を入れて食物の入る余地を減らす胃内バルーン留置術に言及しました。
そんな異物をいつまでも胃に入れてて健康に影響はないのかしら。たとえそれでやせても、取り出したら元の木阿弥でまた太っちゃうでしょうに。

アメリカでは実際に胃を切り取って小さくする手術もよく行われているそうです。さすが肥満大国、やることがドラスティックですね。胃癌などで胃を切り取らざるを得なかった人々は、なんたる贅沢と憤ることでしょう。

おっかない外科的手法をとらずとも、「胃が小さくなった」という話はよく聞きます。太らない生活を身につけるためには、意識して「胃を小さくする」ことが必要なのです。

が、そもそも胃というものは小さくなるのでしょうか。

やせておなかがへこんだからって、胃が小さくなったわけではありません。
胃壁はけっこう柔軟に伸びたり縮んだりするので、大きさを確認するのは難しいのです。平常時の基本サイズがあるとしても、食習慣の変化などによってそれを現実に小さくすることは無理でしょう。

ダイエットで「胃を小さくする」というのは、あくまでも心理的な問題です。
「満腹になる前に満足する」「腹八分目を習慣とする」・・・肥満の原因となる食べ過ぎを強い意志力なしに抑えることができるようになれば「胃が小さくなった」と判断してよいでしょう。
「強い意志力なしに」というところがミソです。もっと食べたい、まだ入るのに、いやダメだ、我慢しよう、と葛藤があれば、「小さな胃」という境地に到達していないのです。

どうしたらそうなれるのか。
習慣です。

最初は無理して抑えていても、続けていればだんだん平気になります。カラダがあきらめるのです。ただし抑えすぎると過剰防衛で逆効果とは、さんざん述べたとおり。
徐々に減らして長期間続けなければならず、結果もはっきりとは見えない。精神力で胃を小さくする難しさはそこにあるのでしょうね。

病気などで急激に食欲が減退して、胃が小さくなったように感じることもあります。うまくいけば、病気が治ったあとも胃の状態が変わらないかもしれません。
でも、そういうのってあまり楽しくないのでは? 胃の不調が常につきまとっている状態ですから。

自らの精神力で胃を縮めたのであれば、本来の消化機能は健全なのだから、ときには羽目を外して大食いもできましょう。外的要因に強いられたのであればそうもいきません。
時間をかけて食習慣を変え、健康的にやせることこそ、理想のダイエットなのです。
投稿 ルノ at 22:10 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年04月09日

油の報酬

『ニッポン全国マヨネーズ中毒』(伏木亨/講談社)という本を見つけまして、つい読んでしまいました。私もアンチマヨラーでありますゆえ。

2003年刊ですが、豊穣な現代日本のおかしな食生活やダイエットについて鋭く斬ったコラムで、今でも食の事情はちっとも変わってないなと痛感します。

さて、表題となった記事を見ますと、人がマヨネーズを好むのはマヨネーズが多量の油を含むからなのだとか。
『油の薬理学的報酬効果』というしち難しい記述があります。要は、油を使った食物はおいしくて、脳に快感を与えるので病みつきになるのだとか。

油がおいしいなんて、信じられなーい。

私は天ぷらやフライなどの揚げものをほとんど食べません。自分で料理すると台所が汚れて嫌だし、買うにしても食指が動かないんです。
若いころはよく食べていました。年を取るとあっさり好みになるというのはほんとうですね。マヨネーズはたまたま子ども時代から嫌いだっただけ。
健康のため最近まで自家製ニンニク油を飲んでいましたが、油そのものを飲むのってけっこう苦痛です。喉が受けつけにくいんです。

あ、でもバターは大好き。
バターだけなめるのはごめんだけど、バターの風味が口の中に広がると幸せ気分にひたれますねー。そっか、それが快感なのか。

人間が油を好むのは理論的に納得がいきます。
油脂のエネルギーは1グラム9kcal。それに比べて炭水化物や蛋白質は4kcalです。半分以下。同じ量を食べるならば、油脂のほうがずっと効率が良いのです。
人類は長い間思うように食物を得られず、飢餓に苦しんできました。必要エネルギーを満たす食べ物にありつくには大変な苦労が必要だったのです。そうこうしているうちに、少量でも生き延びることのできる油分に対して敏感に反応する体質に進化します。それが薬理学的報酬効果とやらでしょうね。

むろんほかの動物だってそうですよ。
うちで飼っていた雀は、ご飯粒が大好きだけど、ピーナツのかけらを見せるとご飯そっちのけで飛びついてきました。ピーナツに含まれる油脂を本能で嗅ぎ分けたのでしょうね。

でも雀と人間の違いは・・・人間はケーキは別腹とばかりに、目や脳に支配された食べ方をするけど、雀は必要量を腹に収めると、あとはどんな好物を出しても見向きもしません。だから肥満の雀なんて存在しないのです。

飢餓問題の解決という予想外の事態に対処できずにいる先進国人が取り組まなければならないのは、油をおいしいと感じる本能をいかにコントロールして食べ過ぎを防ぐかということなのです。
投稿 ルノ at 22:45 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2007年04月18日

1日4食

最近実行しているのが、1日4食。
間食の記事で書いたように、食べる量が同じなら回数を分けたほうが良いという説に基づくものです。何がしかの効果が見えるとしたら、数か月後でしょう。

どうしてそういうことを思い立ったかというと、単なる実験ではないのです。
我が家の食事はほぼ一汁一菜と貧しいのですが、おかずは少なくてもデザートを欠かさないし、私はおなかいっぱいになるまで食べてしまうたちで、ときには胸がむかつくほど。
これじゃいかんと、寒天(固めてきなこをかけたもの)をプラスすることもしばしば。するとますますおなかが張って、あーあ、また食べ過ぎちゃった、と後悔。寒天の分だけ食事を減らすべきなのに、できないんですよね。寒天は量的にじゅうぶんだけど、中身がほとんど水分だから、カラダは食物と見なさないのかも。

もっか太る気配はないけど、このままだと胃拡張が心配。で、小食に体を慣らすため、4食にしようと。

3食のころの食事の時間は、7時・13時・19時でした。
今は6・11・16・20時が目安。朝はつい遅くなって7時前後が常です。もう少し早起きしなければ。

1日4回も食事の準備をしたり皿洗いをするのはたいへんだし面倒ですよね。
基本は3食です。朝と昼はこれまでどおり。夜を2回に分けるだけにしました。

すると・・・気分的に飽きます。夕方と同じもの(つまり残り物)を夜も食べるわけですから。
飽きるなら量も少なくて済むだろうと思いきや、案外そうでもないのです。私は皿に盛った分は全部食べてしまう性分(給食時代に身についた・・・つけさせられたのだ)。少なく作るとか少なく盛ればいいけど、加減が難しいですねえ。

同じ献立でも、1回か2回明ければリセットされて、いくぶんか気分も違います。夕食の残りを翌日の昼に回すなど、ローテーションの工夫も必要かな。

もちろん一般家庭ではもっとおかずの種類が多いから、バリエーションも多彩で、そんなに飽きることはないでしょうね。それだけに4食は手間が要ります。
これからは気温も高くなって料理もいたみやすくなります。お弁当やTVディナーの要領で、いろんな料理を一皿に少しずつ彩りよく取り合わせていくつか作って冷凍しておけば、チンするだけで食べられて楽かもしれません。

それにしても・・・人間、悪い習慣はすぐに身につき、良い習慣はすぐにすたるんですよね。
食事の回数を増やすのは楽に実践できるけど、1回の分量を減らすのが難関です。やっぱり毎回おなかいっぱいになってしまいます。なんのために始めたのかわからなくなりそう。

今は3食のうち1食を分割するやり方です。
将来は1日2食分を4つに分けるというように、全体量を減らせるなら、胃にも優しいはずなんですけど・・・そこまで行けるかどうか。
投稿 ルノ at 22:27 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。