2007年03月08日

バストアップ体操

ダイエットに努力した結果みごと痩せたのは嬉しいけど、バストが貧弱になった(T_T)ってこと、ありません?
乳房(にゅうぼう)の中には十数本の乳腺がてっぺんから放射状に延びています。その隙間を埋めるのが脂肪組織だから、痩せれば脂肪部分も影響を受けるのでしょうね。

踏み台昇降では、主に下半身しか使いません。体重を減らすのに最も効率的なのが、下半身の脂肪を追い出すことだそうです。
踏み台をやってバストが痩せてきたということは、ダイエット後期に入ったと捉えていいかもしれません。

実のところ私も胸囲がかなり減少しました。以前正確に測っていなかったので、推定ですが、5〜8センチは縮んだような気がします。
むろんウエストはもっと細くなりましたが、アンダーバストはあまり変わらず。これ以上は無理みたいです。だってバストの下にが・・・アバラだー。@o@ 骨太なんです。

上から見下ろすと、おわんを伏せたみたいないい形をしていると、我ながらほれぼれしちゃうんですけどねえ。正面から見ると、うぐぐ・・・。

バストは大きければ大きいほど良いわけではないので、形が崩れないことを最重要課題として取り組みましょう。

で、バストアップ体操を始めました。ごく簡単な静的エクササイズです。

脚を肩幅程度に開いてまっすぐ立ち、左右のてのひらを胸の前で合わせます。息を吐きながらてのひらをぎゅーっと押しつけ、力を込めて押し合います。肘から手首までは水平に。そのまま約8秒。息を止めてはいけません。それからゆっくりと力を抜き、両手を離します。

バストアップ体操

これを3回繰り返して1セットとし、1日3セットしようと思うけど、今のところ1セットくらいしかできていません。楽な体操だけど、つい忘れるんです。

すぐに効果があるとは思えないので、数か月続けて、またご報告します。
2007年03月09日

ヒップアップ体操

バストアップと平行して、ヒップアップ体操も行いましょう。

床にうつぶせになり、顔は横に向けます。肘をややまげて手のひらを床につけ、息を吐きながらゆっくりと両足を上げます。爪先は伸ばし、足はやや開き気味にして、太ももから持ち上げるようにします。
これ以上無理というところまできたら8秒待ち、それからゆっくりと足を下ろします。バタンと落とさないように。息を止めたり顔を上げたりするのもいけません。

ヒップアップ

かなりきつい体操です。ゆっくり下ろすのに力が必要です。大腿部の裏側がプルプル震えるくらいがよろしいでしょう。翌日お尻の筋肉が痛くなったりしますが、数日で収まります。
空腹時に6〜8回行います。

効果のほどは今のところ不明です。(^^ゞ
2007年03月29日

スリムウエスト体操

むかーし教えてもらった、あっと言う間にウエストが細くなる簡単体操。であります。

仰向けに寝て、息を吐きながらおなかをぐぐぐぐーっと引っ込めます。これ以上無理だというところまできたら、息を吸いながらおなかをゆるめます。膨らませるのではなく、適度に引っ込んだ位置に戻すのです。
ゆっくりと6〜8回くらい繰り返します。就寝前が最適。

その場で数センチは縮むとのことです。

はっきり言って効果のほどは疑問です。
たぶんやり方が半端だったのでしょう。

理論的には、すでに紹介したバストアップ体操ヒップアップ体操と同じく、筋肉に数秒間負荷をかける静的エクササイズです。真面目にやれば引き締め効果はあるはずです。

ウエストというものは、バストや太ももと違って簡単に引っ込ませやすい・・・自力で収縮させることができます。
家ではだらんとしていても、外出するときは(たとえ近所への買い物でも)なんとなく引っ込めて歩くこと、多いですよね。帰ってきたら5センチくらいは細くなってるんじゃないでしょうか。

むろん緊張が解けてしばらく経てば元に戻ります。晩ごはんをたらふく食べれば前よりも出っ張ります。
その繰り返しの中で、意識して引っ込め続けている時間が長ければ、腹筋がその状態を覚えて次第に脂肪を追放してくれる・・・のだと思います。

結局のところ、続かないのが問題なんです。
簡単なのになぜできないんでしょ。踏み台昇降なんて、もっともっと時間かかるし汗だくになって大変なのに、不思議と続いています。

実は、バストやヒップアップの体操もしょっちゅう忘れてるんです。
簡単すぎるのがあだになっているようです。あ、今日はまだだった、でもご飯食べたばかりだからあとでやろう。で、次に気づくのは翌日だったりして。

もっと真剣に取り組んで、数か月後には実のあるレポートを出したいと思います。

ところで・・・ガードルや矯正下着ってって、効果があるのでしょうか。私はどちらも持たないからなんとも言えません。
即効性はありそうだし、姿勢も良くなるから無駄ではないはず。

ただし長期的な引き締め効果となると、首をかしげてしまうのです。
自力で筋肉をどうこうするわけではありませんでしょ。「宿題やったの? 早くしなさい」とせかされてするのと、自発的に勉強するのとでは覚える効率が違う、みたいなもんです。

血行不良をもたらすかもしれない高い下着にお金をかけるよりは、上に着るスリムなラインのドレスを奮発して、自力で腹筋を鍛えるほうが後々のためだと思うんですけどね。
2007年04月25日

補整下着って

新聞を見ていたら、たまたま目に留まったのが『補正下着・美顔器を高く買います』という広告。

プロポーションを良くする『補整下着』もしくは『補正下着』あるいは『矯正下着』なるものがあるのは知っているけど、多くの人がギブアップして売り飛ばしたくなるようですねえ。

補整下着の中古品を身に着けたがる人がいるんでしょうか(ヘンな意味ではなく)。
そりゃあ高価な品だから、いきなり新品に手を出す前に、効果のほどを確かめたいという気持ちはあるでしょうね。下着といっても、本物の下着の上から着けるものだし、きれいに洗濯もしているからと割り切ればいいのです。サイズさえ合えば中古はお買い得かもしれません。
中にはあまりに苦しくてすぐに手放したから新品同様というものだって。

補整下着ってそんなに窮屈なもの? 強力なガードルみたいなのを想像してしまいます。
私もガードルなら丈の長いの短いの、いくつか持っていましたが、あまり好まず、10年以上前に全部捨ててしまいました。

古い雑誌に『補整下着の理論』みたいな特集記事がありました。
補整下着はただ締めつけるだけのものではないのだとか。
皮下脂肪というものはけっこう流動性があって、補整下着は脂肪を移動させた上で支える役目をするのです。おなかを細くしたいのなら、上からぎゅうぎゅう押さえつけるのではなく、胸付近まで持ち上げてずれないようにボーンなどで固定するわけ。

人間の体が粘土細工みたいに修正できるなんて、なんだか怪しいと首をひねっていませんか?
継続は力です。1日に動く脂肪は1グラムでも、1年間続ければ365グラム。徐々に徐々に動かしていけば、いつしかバストはばーん、ウエストきゅっのナイスバディになれますって。

『寄せて上げる』なんて、ブラジャーのキャッチコピーがありましたね。
むくみや静脈瘤を緩和する医療用ストッキングも同じような理論と思われます。
このごろ注目を集めている『造顔マッサージ』とやらも、顔のたるみや余分な脂肪をリンパに沿って移動させるものらしい。

だから補整下着の効用にもじゅうぶんうなずけるものがありそうです。
脂肪が動きやすい体質の人や、上手に利用できる人にとっては決して無駄な買い物ではないといえます。
(な、なんか、以前と意見が違うような)
2007年05月10日

見えないブラジャー

年を取るとバストが柔らかくなります。垂れてくるのも致し方ないのよね。
いえいえ、あきらめるのは女を捨てること。少しずつでも重力に逆らう努力を続けましょう。

乳房のハリを保つ食材はどういうものでしょうか。
アンチエイジングの食事法すべてが効果的です。ビタミンA、C、E。DHAやその他の抗酸化物質が含まれる食品。

とある本(イラスト図解 老化と寿命のしくみ/日本実業出版社)によれば、キャベツ、ブロッコリーなどアブラナ科の野菜がとっても良いそうです。あまり食べない人は『発芽ブロッコリー』のサプリメントを摂取。
それから女性ホルモンを補うイソフラボン。大豆、ざくろなど。
肌を保護するコラーゲンも大切。豚肉や魚に含まれますが、ゼラチンパウダーも手っ取り早い。
胸の中の脂肪組織を支えるために、良質の脂肪も欠かさずに。DHAを含むマグロやサバ、サケがおすすめです。アボカドもいいとな。

もちろん食事療法だけでは、目に見えるほど劇的な効果は期待できません。

運動を併用してさらなるバストアップを目指しましょう。
すでに紹介したバストアップ体操は、非常にシンプルながら、大胸筋を鍛えることができます。

ことさらに運動をしなくても、常にバストを意識して精神力で持ち上げようとするだけでも違ってきます。ほんとうです。

具体的には、まずおなかをぐいっと引っ込めます。反動で胸が突き出ますね。両肩にワイヤを張り渡したと想像して、そのワイヤを持ち上げるのです。気分的に3センチは上がります。それを固定しようと踏ん張るのです。
仕事の合間、歩いている途中、寝る前、TVタイム、ことあるごとにやってみましょう。

私はネット上でソフトなブラジャーの作り方など紹介していますが、家ではノーブラでいることが多いのです。そのわりにバストはピンシャン。と本人は自負しています。
ゴミ出しや近くの販売機までコーラを買いにいく、なんてときにいちいちブラジャーはめるのは面倒なので、精神力のブラで防御して出かけたり。
その積み重ねで垂れ方が少なくて済んでるんだよ〜なんてね。
2007年05月28日

信号待ちはチャンス

さあウォーキングだと構えなくても、歩くことは全身運動。美容と健康に貢献します。
ちょっとそこまでの距離ならなるべく自分の足を使うように習慣づければ、長い間には違いも出てくるでしょう。

リズミカルに歩いていても、赤信号で中断されることって多いですよね。
そんなときに焦ったりイラついては損です。静的エクササイズの好機だと心得ましょう。
比較的目立たずにやれる体操をご紹介します。

腿上げ・・・太ももを引き締める体操。
まっすぐ立ち、必要ならば片手をポールなどに軽く当てて支えます。ゆっくりと脚を持ち上げ、膝はほぼ直角に曲げます。足先に力を入れないで腿で持ち上げるようにして10秒くらい。またゆっくりと下ろします。

脚反らし・・・ヒップアップとともに腿の裏側をすっきりさせる体操。
まっすぐ立って、片足を後ろに持ち上げて10秒。足先はあまり高くなくてもかまいません。かなりきつくて、腿が痛くなります。
体が前に傾いてお尻が突き出ると効果が落ちます。

簡易スクワット・・・下半身をほっそりさせる体操。
両足を肩幅くらいに開き、上体はまっすぐにしたまま、ヒップをわずかに落とします。そのとき両膝が少し前に出ます。横に開くのではありません。つま先をいくぶん上げ気味にするとやりやすいかも。見た目はわずかしか動いてないけど、けっこう力の要るポーズです。

いずれも力を入れるときに息を吐き、緩めるときに吸うとよいでしょう。
足を上げるときは他人を蹴飛ばさないように注意。

人目が気になってできない〜って人は、おなかを限界まで引っ込めて、頭の中でゆっくりと数を数えるだけでもウエストの体操になりますよ。

そうやって寸暇を惜しんでエクササイズをすることで、常に自分はスリムな体型を維持することを意識しているのだと体に伝えることが重要なのです。
2009年10月30日

姿勢正して

最近よく耳にするのが、からだの歪みが万病の元、みたいな説。
骨盤の歪みを取ってダイエットなんて本もじゃかじゃか売れているとか。そんなに簡単にいくのなら、これほど多くの人々が肥満や病気に悩むはずはないでしょうに。

確かに人間の体は外見上左右対称ですから、歪みが体にいいとは思えません。
そして日常行っている何気ないしぐさや姿勢が体を歪めているのは事実のようです。

私は椅子に座るとすぐに脚を組みます。あ、いけない。と、戻すのだけど、ふと気がつけば、また組んでいる。左脚をのせることが多いようです。
脚を組まずにいられない人も骨盤が歪んでいるそうですねえ。

パソコンに向かっていると、つい頬杖をついてしまいます。こうやってキーボードを打っている間はよいのですが、マウスだけを動かしていると、空いた右手がヒマなんでしょうね。だから頬杖はいつも右側。これで背骨も曲がりそう。

リュックサックをしょって歩いていると、なぜかいつも右の肩紐がずり落ち気味になるのです。肩の高さが左右非対称なのは、頬杖のせいかも。

こういった些細なことの積み重ねで、体はどんどん歪み、その歪みが定着していくのです。
すでに習慣となってしまったことばっかりですから、常に意識して改善するように心がけないと矯正できません。その「常に意識する」ことが難しいんです。

意識できないときもまた問題です。
つまり睡眠中。
あおむけに寝ることが大切だと聞いたことがありますが、けっこう多くの人が横向きのほうが寝やすいと感じているのではないでしょうか。
私も、寝るときはあおむけだったのに、目覚めたら横を向いていることがよくあります。
右を下にして長年眠っていると、顔は右側にたるむものです。しわ防止にもあおむけ寝が一番。

どんなに悲しいことがあったって、枕に顔をうずめて眠っちゃいけません。枕のしわが顔にうつりますぞ。

骨盤を正すには腰回しがいいと言われていますね。
とある本によれば、立って回すよりも、椅子に直角に腰掛けて回すほうが効果があるのだとか。
私も立ったり座ったりしているときに、思い出したら回してみたりします。習慣づいていないので、なんら実感は得ていませんが、まあ、ボチボチ気長にやってみる予定です。

また、背骨を伸ばすには、昔流行った『ぶらさがり健康法』が効くそうです。今ではどの家にもぶらさがり台など残っていないでしょうけど、テーブルの上に上半身をうつぶせにして足を浮かせるだけでも背中はまっすぐになるのだとか。一時的な効果ですから、日に何度かリフレッシュのために、背伸びと組み合わせて行うのもいいでしょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。