2009年06月29日

うぬぼれ鏡

無人島にひとつだけ持っていけるとしたらなんにする?

鏡。

ってのはいかがでしょう。

どんな美人でも毎日見ていたら飽きます。ただし、他人の場合。
自分の顔って見飽きないと思いませんか? そりゃま、あれこれ不満があるからかもしれないけど。鏡さえ眺めていれば、無人島にひとりきりでも退屈しませんって。

自分の顔が見えない状態に置かれたら、すごく不安ですよね。鏡なしでお化粧するなんてまず無理です。

昔読んだ矢代まさこの漫画に、ある日国中の鏡が反乱を起こして何も映さなくなってしまい、女性たちがパニックに陥るという話がありました。
現代社会でそんなことが起きたら、パニックに陥るのは女性だけではないはずです。

人が外見を飾り見た目を整えるのは、人からどう見えるかを気にするよりも、自分を満足させたいからではないでしょうか。だからこそ自分の姿を自分の目で確かめることが重要なのです。
もちろん、校則や一般常識とやらに阻まれて、ほんとうにしたい格好ができないと嘆く人もたくさんいますが、彼らとてその制約の範囲内で自分の個性を最大限発揮すべく奮闘しているに違いありません。他人のためだけなら鏡で確認する必要なんてありませんから。

どんな極限状態にあっても、鏡だけは肌身離さず持っているのが美人の心得でありますぞ。
とかなんとか言いつつ、最近の私は鏡を見るのが億劫、いや恐怖に近かったりします。やっぱりエクササイズをサボったり、お菓子を好き放題食べたり、夜更かししたりといった生活が続くと、鏡に見放されそうになるんですよね。これはもう、本気でナントカしなくちゃ。

ところで、ずいぶん前の話です。
我が家にある鏡のうちで、私が一番気に入っていたのが、台所の壁にかかっていた、やけに複雑な縁取りの鏡でした。なぜかその鏡に映すと自分が美人に見えてしかたなかったのです。縁取りのデザインは関係ないだろうとは思いましたが、まあとにかく、見れば気分のよくなる鏡でした。
鏡にも相性があるのですねえ。

あるときその鏡の汚れが気になったので、住居洗剤で掃除することにしました。縁も鏡面も磨き上げて、すっきりぴかぴか。
そしたら、鏡の中の私は美人度が落ちてしまいました。
台所という場所がら、油汚れがつきやすく、ソフトフォーカスできれいに見えていただけだったのです。がっくし。

そういうのも精神的には悪くないでしょう。
浴室の鏡もくもりやすいので、お風呂上りににっこり対面する習慣をつければ、気分的にどんどん美人になれますよ。


本:
鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
投稿 ルノ at 22:06 | コメント(0) | TB(0) | 美人ライフ
2009年05月30日

迷うも楽し

せっかくダイエットに成功したものの、昨年夏よりエクササイズもカロリー計算も冷水浴も途絶えてしまい、やっと今年になってささやかながらラジオ体操を始めたことはすでに述べました。
もっと体力をつけ、筋肉を増やさなければリバウンドは目前と焦りつつ、思うに任せないのが現状です。

せめてウォーキングくらい復活させよう。それで弾みがつくかもしれないぞ。と一大決心。

ウォーキングはよほど気を引き締めてきりきり歩かないとやせる効果はない・・・それは体験的事実ですが、歩くこと自体にはさまざまなメリットがあることも実感しています。時間さえ許せばどんどん歩くべきです。

どんよりと曇った日、買い物に際して少し遠出を試みました。
もともと歩くことは好きなので、多少足腰が弱っていたとて苦にはなりません。我が家の周辺は起伏に富み、緑も多くて散策にはうってつけのよい環境なのです。

森の道

なるべくならこれまであまり行ったことのない方向を目指すことにしました。
池を回り、森を突っ切り、墓地を抜けて、高台へ。そうこうしているうちに道に迷ってしまいました。家々はあるけど、寂れた雰囲気の細い道が続いています。お日さまが出ていれば東西の見当くらいつくかもしれないけど、あいにくの曇り空。
こんなときは即刻携帯でグーグルマップを・・・と知識をひけらかす人もいそうですが、私としては急ぐわけじゃなし、迷ってうろうろするくらいのほうがずっとおもしろいのですよ。道端の花を見たり、飛ぶ鳥を目で追ったり。

ただし、延々歩いて気がついたらさっきの場所に戻っていた、なんてことが起きるとちょっとしゃくに障ります。わざわざ遠出したのに同じ道を歩くと損したような気分になるのです。
そういうことが2回くらいあったので、やけになって脇道へ脇道へと進んでいくうちに、全く足を踏み入れたことのない場所に出てしまいました。家から徒歩圏内だから、まさか市外ってことはあるまいが。

そのころはさすがに疲れていました。時計は持たないけど、2時間くらい経ったような気もします。
と、おお、あれに見えるはバス停ではないか、しかたないからバスで帰ろう。駆け寄って時刻表を見たら、なんと1時間に1本しか通っていないのです。こんな僻地がご近所にあったのねー。しかもバス停の名はナントカ観音と、いかにもローカルっぽい。

バスに乗るのはあきらめ、路線に沿って歩いていくと、次第に道も広く賑やかになり、広々としてきれいなスーパーを見つけました。そこで買い物をして外に出ると、昔来たことのある地域だと気づきました。ここからなら帰りのルートもわかります。そのスーパーは当時別の店(現在は店舗を縮小して再建中)だったことも思い出し、世の移り変わりを感じてしまったのでした。

なんとなく元気が出て、それからも歩いて帰宅しました。行きと帰りが違う道だと、疲れもなんとなく少ないのです。

そんなふうにたくさん歩いて、ちょっとは体力に自信がついたのですが、その後はさっぱり歩いていません。
思い立ってまとめ歩きするよりも、毎日こまめに歩いたほうがいいのはわかってるんですけどねえ・・・。
投稿 ルノ at 21:56 | コメント(0) | TB(0) | エクササイズ
2009年05月23日

サラダはマセドワーヌ

ハムをかたまりで食べるという贅沢はめったに経験できないのですが、たまたま原型ロースハムをいただいたので、マセドワーヌサラダを作ってみました。

ハム300g

これはゆでたじゃがいも、ハム、チーズ、キュウリ、セロリなどを1センチ程度の立方体に切ってマヨネーズであえたものです。黒い点々は黒胡椒。サラダには白胡椒が合うとか言いますが、私は黒が大好きなのでなんにでも振りかけます。

サラダ

ところでマセドワーヌとは「賽の目切り」のことです。マケドニア(国名)から来ているそうですが、なぜマケドニアが賽の目なのかは不明。

いや、賽の目切りは「デ」と言うのだ、マセドワーヌは「あられ切り」が正しい。てな意見もあります。
コトバとしてはそっちが妥当かも。だってフランス語でデ(des)はサイコロのこと。英語のダイスと同じですね。

でも私がおすすめするマセドワーヌサラダは、あられ切り(5ミリくらい?)ではちょっと小さすぎます。

通常ポテトサラダといえば、ポテトをつぶしますよね。キュウリなんかもごく薄く切って塩もみしたり、とにかくつぶしたじゃがいもに対してはほかの具を細かく刻んだほうがよくなじんでおいしく感じられます。
そこがやばいんですよ。
材料が小さいとマヨネーズやドレッシングがすみずみまで行き渡ります。どうしても味つけが濃くなって油脂過多になりがちなのです。
かつて述べたように、マヨネーズは脂肪のかたまりです。ダイエットに際しては摂取量を極力減らしたい。

だからマセドワーヌなのです。材料のひとつひとつが大きいので、マヨネーズを減らすことができます。
むろんもの足りないからとわざわざマヨネーズを足すなんてことになれば逆効果ですが、素材の味を楽しもうと思って食べればなかなか味わい深いものです。

話変わって、わが町の焼き鳥屋さんはちょっと変わってると、よそから来た人に言われることがあります。
焼き「鳥」なのに豚バラがメインてのも変ですが、まず出されるキャベツがまたすごいんです。5センチ角くらいの色紙切りで、たれ(たぶん酢醤油)がかかっただけのものです。しかも食べ放題(焼き鳥屋にはここ十数年行ったことないので、今でもそうなのか知りませんが)。
このキャベツがシンプルなのにえらくおいしいんです。豚串や牛さがりや焼き鳥といっしょだといくらでも食べられそう。生キャベツのビタミンUは消化を助けるそうだから、つけ合わせとしては理にかなってますし。

キャベツは極細コールスローにしますと、舌にまとわりつくようなおいしさがあるのですが、どうしてもドレッシングをかけすぎるきらいがあります。大切りにした豪快なキャベツのおいしさも今一度見直しましょう。
投稿 ルノ at 23:09 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
2009年05月05日

鶏肋の恐怖

参鶏湯(サンゲタン)というものをいただきました。
サンゲタンは鶏肉やもち米などをじっくり煮込んだ韓国料理で、「しょうが味のチキンシチュー」と説明されていますが、とろりとしてリゾットに近く、主食にもなります。しかも低カロリー。味付けは淡白です。

レトルトパウチ食品としてはけっこう本格的で凝ってます。高麗人参やなつめといった、普段めったに食す機会のない食材もちょびっと入っています。参鶏湯の「参」は人参の「参」なのかな。

サンゲタン

とろりとした感触は鶏のコラーゲンによるのでしょうか。この鶏がとても柔らかくて、骨まで食べられそうな印象。我が家でいくら煮てもこんなに柔らかくするのは無理です。

柔らかいとはいえ、鳥の骨って危険なんですよね。
ずっと前、猫に鶏の骨を食べさせちゃダメと聞いたことがあります。理由は知らなかったけど、改めて調べると、牛や豚と違って、鶏の骨は縦に砕けるから刺さりやすいらしいのです。

私は時々鶏肉(主に手羽元や手羽先)といろんな野菜を煮込んでスープを作ります。煮こごりがたっぷりできて、なんとなく健康的。
手羽の骨は丸みがあるから大丈夫ですが、水炊きや筑前煮などでブツ切りにした骨付き肉は、小さな三角形のかけらが野菜の間に入り込んだりしてちょっと危ないなって気がすることもありました。

現実に鶏の骨で死んだ話を耳にしたことはありませんが、フィクションではわりと見かけます。
昔見た洋画の冒頭で、ディナーの最中鶏の骨を喉にひっかけて死んだ男がいました。骨くらいで死ぬのかとびっくりしたので、その部分だけ記憶に残っています。
また翻訳ものの短編推理小説には、食べた鶏の骨が腸に刺さって死にかけた少年を扱ったものがありました。胃である程度消化されないんだろうかと不思議に思ったものです。

日本人は魚をよく食べてきたから骨を恐れることは少ないのですが、骨に免疫のない西欧人にはちょっとコワい部分なのかもしれません。

グルメ悪食の中国では?
『三国志』には楊修という才気煥発な若者が登場します。彼もまた鶏の骨のため命を落としました。食べたわけじゃないんですけどね。
投稿 ルノ at 16:20 | コメント(0) | TB(0) | 危ない食物
2009年01月31日

鼻歌ラジオ体操

キッパリ!』(上大岡トメ著)という自己啓蒙書によりますれば、ラジオ体操は究極のストレッチなのだとか。

個人的な感想では、ただ腕をぶん回すだけで、さしたるストレッチ効果はないと思ったのですが、ここ半年余り、踏み台もウォーキングもサボって、体力が衰えておりました。何かやらねばと、ラジオ体操を始めることにしました。
確かに「国民的体操」ですから、体がちゃんと覚えています。手軽なところが魅力です。

なお、テレビ体操の番組では、椅子に座って行うラジオ体操のやり方も紹介していますので、足腰の弱い人でもとり入れることができます。

日ごろ動かさない部分を使って、日常行わないポーズをとることで、なまっていた関節や筋肉の動きを滑らかにし、さらには脳を活性化させることにつながる可能性があります。

しかし、毎朝6時半に体操ができる態勢になっておくのは、なかなか厳しいものです。特に冬場は寒いからねー。
6時半をのがしたら、8時40分や正午のバージョンもありますが、ついつい忘れちゃうんですよね。

それとまた個人的感想ですが、体操の指導員さんにはやけに饒舌な人もいて、号令や解説が耳障りだったりするのです。

そこでラジオはやめまして、自分でハミングしながら伴奏をつけることにしました。

これがけっこういけるのです。

まず、好きな時間にできます。
スピードの調節も好みのままです。標準のラジオ体操はちょっと早すぎるのです。だから腕をぶん回すだけでストレッチにならない。自分で歌えば、じゅうぶんに腕を伸ばして一呼吸止めるといったアレンジが可能です。
それに歌いながら体を動かすのは、黙ってやるよりも気分がいいものです。

初めのうちは、第一体操をいくつか飛ばしたりしたこともありました。第一体操のメロディは単調で間違えやすいんですね。
その点第二体操は改良されているのか、起伏に富んで覚えやすいようです。

おかげでほぼ毎日続けることができています。
投稿 ルノ at 23:56 | コメント(0) | TB(0) | エクササイズ
2009年01月14日

皮まで愛して

『卵・乳製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身』というキャッチフレーズの本を見つけ、これはスゴイと手に取りました。

それは『菜菜スイーツ(カノウユミコ著)』です。

菜菜スイーツ
表紙にできあがったスイーツ、裏表紙には材料の写真が配置されています。

これまでも、キャロットケーキとかほうれん草クッキーなど見たことがありますが、普通の菓子生地にすりおろしたりつぶした野菜を混ぜた程度のものでした。

この本で紹介されているお菓子は、あくまでも野菜が主体。
野菜本来の甘みを生かし、足りない分はメープルシロップやフルーツなどで補い、コクを出すためにきなこや豆乳、ナッツなどを使うという趣向。小麦粉や油は最小限に抑えています。

見た目も豪華でおいしそうなお菓子に仕上がっています。

なのに作り方は非常にシンプル。野菜は蒸し煮で甘さを引き出し、ケーキなどは材料を混ぜ合わせて焼くのが基本です。
配分もグラム単位まで厳格な洋菓子と違い、わりといいかげんでもできるとか。

こんないいことずくめのレシピ、試してみなきゃソンですね。

とは思ったけど、ケーキやクッキーを焼く余裕はないので、さしあたって家にあるものでできる「柿の皮チップス」にトライ。
むいた柿の皮を低温のオーブンで長時間焼きます。甘味が凝縮されておいしいんだとか。
なお、柿は果物ですが、この本にはフルーツのお菓子もいろいろ載っています。

柿皮チップス

瞠目したのは、柿の皮が食べられるってことでした。
私もけっこう皮食いのつもりだけど、柿の皮は食べたことありませんでした。梨もたいてい捨てるなあ。

でも野菜や果物は皮にこそ栄養が詰まっているんですよね。人間にとって若返りの成分であるポリフェノールも外側に集中しているものだし。
偏見を捨てて全体食に挑戦することこそ美容と健康への道なのです。
生ゴミの量も減りますし。

この本では芋やかぼちゃなど野菜のほとんどを皮ごと使用しています。その意味でもヘルシー度が高いと言えましょう。
長芋の皮がおいしいというのも初耳で、ぜひ食べてみたくなりました。

で、柿チップですが、確かに甘いです。柿の風味もグッド。
でも話のタネに1度作ればそれでじゅうぶんって気分になりました。

作り方は簡単ですが、エコの見地からは首を傾げるのです。
ほんの少しの皮を焼くのに、かなり長くオーブンを占拠します。なかなかパリッとならないんです。なったと思っても、噛んだらちょっとぐにゃっとしてる。調子を見ながら2時間近くかかりました。

最後に老婆心の忠告ですが、野菜のお菓子だからって、野放図に食べ過ぎればやはり太りますよ。
サツマイモやきなこ、ナッツなどはカロリーが高いんだということをお忘れなく。
投稿 ルノ at 23:47 | コメント(0) | TB(0) | 美容食・健康食
2008年04月30日

便乗ダイエット

値上げ、値上げで消費者は悲鳴をあげています。
小麦粉、乳製品、豆腐にお味噌、マヨネーズ・・・身近な食品の値上がりは家計にずしりとこたえます。

昨年4月に廃棄ミルクの話題を取り上げたことがありますが、こんなに情勢が変わるとは誰も思わなかったことでしょう。
我が国は食料自給率が極端に低いのに、政府も企業も国民も食べ物をずいぶん粗末にしてきたのです。しっぺ返しが来て当然です。ガンバレ〜、第一次産業。

店頭からバターが消えたのも困りものです。
私はバター派ですが、いつも安売りを狙って買っていたので、安売りどころか高くても買えない現状では、我慢するしかありません。
やむなく『ネオソフト(雪印・ファットスプレッド)』、『チューブでバター1/3(明治・乳等を主要原料とする食品)』、『発酵バター仕立てのマーガリン(雪印・マーガリン)』『焦がしバター風味マーガリン』などを買ってきました。
別にまずくはありません。『焦がしバター風味マーガリン』なんて、甘くてとってもおいしいですよ。

でもやっぱりバターにはかなわないかな。

以前マーガリンよりもバターという記事で、安いマーガリンをたっぷり塗るよりも、おいしいバターを少量味わおうと書きました。でもマーガリンだとたくさん食べる気にならなくて、かえっていいのかも。と思い直したのです。

そういえば、値上がりしている食品って、けっこう高カロリーで、太る元凶って感じのものが多いじゃありませんか。
値上げを嘆く前に、痩せるチャンスと受け止めて、食生活を見直しましょう。

たとえば10枚入りだったスライスチーズは、8枚になったようです。10枚入りのがまだあると喜んで買ったら、1枚が軽くなっていて(18g→16g)向こうが透けて見えたり。
週に3回食べていたチーズを2回にするのは抵抗がある人もいます。一単位当たりの重量が減るほうが、数量が減るよりも無理なく食べる量を抑制できるのです。つまりダイエットに適していますよね。
薄くなったチーズを味わって食べましょう。

パスタだって、1食分100グラムが標準なんて言われますけど、女性には多すぎます。以前100グラム食べていた人は、80g、75gと徐々に減らしてはいかがですか。もの足りなければ、付け合せの野菜を増やしてかさ上げするのです。

痩せたい願望を世の中が後押ししてくれているんだと、感謝の気持ちを持って食事をすれば、胃にも体内脂肪にもフトコロにも円満な結果となりますぞ。

で、私は実践してるのか? うぐぐ、ジャンボホットケーキ・・・。(^^ゞ
投稿 ルノ at 21:56 | コメント(0) | TB(0) | 食事とダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。